狙撃 地下捜査官 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.58
  • (4)
  • (6)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 52
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (321ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041009857

作品紹介・あらすじ

警察官を内偵する特別監察官に任命された上月涼子は、上司の鎮目とともに警察組織内の闇を追うことに。やがて警察庁長官狙撃事件の真相を示すディスクを入手するが、組織を揺るがす陰謀に巻き込まれ――!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 空手四段の美人刑事・上月涼子は、所轄から警視庁特務監察室への異動を命じられる。任務はキャリア警察官の内偵調査。冷徹で優秀な上司・鎮目竜二警視正のもと、囮捜査などに奮闘する涼子はやがて、公安を裏切った男を匿い、1枚のディスクを入手する。それは14年前の警察庁長官狙撃事件の重要な手がかりだった。隠されていた証拠が示す衝撃の真実とは!?

  • 女性主人公が、活躍する様子を期待していたのに、ただ先輩方について行っているだけで、あまり存在感がなかった。警察官の警察と公安の対立を隠れ蓑にした警察内部の権力闘争を題材にした推理小説と思えば、まあまあ迫力というか、緊迫感もあり面白かった。

  • 勢いだけで、何とか最後まで読みましたが、登場人物がみんな薄っぺらい感じがしました。
    主人公が鎮目さんのことを好きになるのも唐突だし、カメレオンと評される成瀬さんの鎮目さんへの忠誠心も違和感あるし、宮田さんの最後の行動も私には納得できないし。
    主人公の29歳を称して、女としての賞味期限がもうすぐ切れる、みたいな描写があって、まあ言いたいことはわかるけど、アラフォーの私にはムッとする言葉だったので、ケチつけたくなっただけかもしれませんが。

  • 警察って、一体何なのか?ちょっと怖い。

  • ここ10年ぐらい、私にとって刑事モノと言えば誉田哲也か永瀬隼介です。
    したがって期待が大きかっただけに...。
    涼子の未熟さは人間っぽくて不快ではありませんでした。
    物語も主要人物が容赦なく亡くなるなど、永瀬さんらしくてイイと思います。
    それより新たな登場人物の強さがそれまでのツワモノを上回ってしまう場面が複数あり、キャラがブレる感じがしました。
    主人公が健在なので、続編に期待してしまいます。

  • 実際にあった警察庁長官狙撃事件、オウム真理教などをモチーフに、警察キャリア制度や刑事警察と公安警察の確執に切り込む作品。
    キャリアや公安の問題って、軽重入り混じった作品が取り上げ過ぎたおかげで却って陳腐化してしまい、最早どこまでが事実かなんて関心が薄れてしまっているように思う。

  • ごみ

  • 140213

  • 予想以上に面白い。「刑事の骨」とは、また一味違う。

  • 同作者の「Dojo」が非常に面白かったので手に取ってみた本作は、警視庁特務監査室という「警察の警察」的機関を描いた作品。

    空手アクションが満載だった「Dojo」よりも、組織間の確執などに重点が置かれているためか、大分地味な印象を受けます。女性の主人公が活躍するのも序盤の変態逮捕のところだけで、ラストシーンは事件の規模に対して比例しない役職の顔が並ぶ点がそこそこ面白くありましたが、「Dojo」的なアクションを期待してしまっていたので、肩すかしな印象を受けてしまいました…

    そんな先入観がなければもう少し楽しめたかも。

全11件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1960年、鹿児島県に生まれる。國學院大学卒業。週刊誌記者を経て、1991年に、フリーランスのノンフィクション・ライターとなる。2000年、『サイレント・ボーダー』(文藝春秋)で作家デビュー。以降、警察小説、サスペンスとノンフィクションそれぞれで活動。『19歳 一家四人惨殺犯の告白』『閃光』『刑事の骨』『彷徨う刑事』『カミカゼ』『三日間の相棒』『狙撃』『12月の向日葵』『悔いてのち』『総理に告ぐ』などがある。

狙撃 地下捜査官 (角川文庫)のその他の作品

狙撃 地下捜査官 単行本 狙撃 地下捜査官 永瀬隼介

永瀬隼介の作品

ツイートする