RDG4 レッドデータガール 世界遺産の少女 (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : 岸田 メル 
  • 角川書店
3.94
  • (6)
  • (6)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 87
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041009901

作品紹介・あらすじ

学園祭のための着付け講習会で急遽モデルを務めることになった泉水子。姫神の出現を恐れる深行だったが、講習会のあとお下げ髪の泉水子のもとに姫神が降りてきて!? 岸田メルのイラストで贈るスニーカー版第4弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • RDGスニーカー版4巻、ようやく読了。
    メルせんせの、勝ち気にほほえむ深行くんちょう萌えました…相変わらず美麗…(*´Д`*)

  • 挿絵が見たくてこの巻だけ角川スニーカー文庫を買ってみました。岸田メルさんの泉水子は超可愛いです。でも個人的に深行はきらきらしすぎな感じ。雪政レベルのきらきらさでした。

    話の方は学園祭に向けての準備が佳境に。いよいよ本格的な戦いが近づいてきたといった感じですが、1年目の文化祭で世界遺産候補が決まってしまうのは何故かとか謎が深まります。真響くも高柳も一年生ですし、2~3年生の候補は去年決まったのでしょうか。

    泉水子が深行にどんどん本音をぶつけるようになっていて、二人の仲がゆっくり着実に進展しているのがじれったくも微笑ましいです。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

荻原規子(おぎわら のりこ)
1959年生まれの作家。早稲田大学卒。『空色勾玉』でデビュー以来、ファンタジー作家として活躍。『空色勾玉』『白鳥異伝』『薄紅天女』は勾玉三部作、勾玉シリーズとして代表作となる。
その他代表作に、『西の善き魔女』『RDG』シリーズなど。2006年、『風神秘抄』で小学館児童出版文化賞、産経児童出版文化賞、日本児童文学者協会賞などを受賞。


「2017年 『RDG レッドデータガール 氷の靴 ガラスの靴』 で使われていた紹介文から引用しています。」

RDG4 レッドデータガール 世界遺産の少女 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

荻原規子の作品

RDG4 レッドデータガール 世界遺産の少女 (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする