召喚主は家出猫 (2)魔法じかけの電撃作戦 (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : 唯 
  • 角川書店
3.64
  • (2)
  • (5)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041009949

作品紹介・あらすじ

翔馬の活躍によって帝国軍の第一陣は食い止めたものの、敵勢力はいまだ衰えていなかった。サバイバル知識を駆使しながら、じりじりと後退を続けていたが、トラブルで翔馬が帝国軍に捕まってしまい!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [評価]
    ★★★★☆ 星4つ

    [感想]
    帝国側の皇帝は蒸気機関による産業革命が起きている世界から召喚された人物のようだ。この世界が地球なのか、地球以外の異世界なのかが気になる。
    また、皇帝が勢力を拡大する目的はなんだろうか。
    一方、翔馬は前巻よりも非常に苦労していたのが印象だった。だが、科学の常識だけではなく、魔法の知識を流用することでうまく行ったようだ。また、職人種族・クラフト一族が翔馬の考えを実現するために活躍しているのが印象的に残ったな。

  • 今度は蒸気!
    重くて強い機関車D51ってかんじだ
    ただ、こうやって新しい戦闘道具がもたらされることで、この世界の戦争もどんどんエスカレートするんだろな、という気持ちにはなる

  • 未開文明の戦場でサバイバル知識とかを使ってなんとかしよう。
    敵は巨大な蒸気戦艦。
    そんな雰囲気で。

    駄目だなぁ。
    なんだかんだでこのせかいの人たちは
    ショーマにおんぶに抱っこ過ぎるわー。
    もうちょっと頑張れよ。

    次回、皇帝参戦。

  • 鷹見一幸だなぁ…という感じ。
    にしても、シャーベット作ろうとして液体窒素ができてしまうってどんなや ;p

全4件中 1 - 4件を表示

召喚主は家出猫 (2)魔法じかけの電撃作戦 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

鷹見一幸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする