お台場アイランドベイビー (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.44
  • (1)
  • (5)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 65
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (560ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041010037

作品紹介・あらすじ

日本を壊滅寸前にした震災から4年後、刑事崩れのヤクザ巽は不思議な少年・丈太と出会う。彼の出生の謎、消える子供達、財宝伝説−−全ての答えが禁断の地お台場にあると知った二人は潜入を試みるが−−!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 自分のなかにあるお台場のイメージを、小説に沿って頭のなかでダイナミックに書き換えながら読んだ。大災害のダメージで東京がダメになる大きな話と、登場人物のプライベートな話がどちらも濃いのだが、フィクションだとわかっていながらも、巽の過去に感情移入しすぎてときどき泣いてしまった。

  • 謎の設定が弱いのだけども、キャラが生き生きしていて序盤は引き込まれるように読んだ。
    が、中盤以降、ちょっと弛んでいる感じで辛い。
    また、ミステリ、謎の要素が少し薄く、知りたいという面では訴求力になっていない。
    2010年の時点で衰退した日本を想定して書いているのだけど、日本が先進国の地位から転落しているにもかかわらず、日本の国籍、パスポートが価値をもっていたり、未来の設定にザラツキを感じた。3等国になったらななったで、もっと徹底的に惨めな日本国を書いて欲しかった。
    ひとりの人間の中にもうひとつの人格を作るというアイデアはSFではよくあるもので、電子技術、バイオ科学などで説明できる設定を作ることが可能であったがそこまではしていない。ここに、自分が書く場合の可能性の余地があるなぁと思った。
    2010年の横溝正史ミステリ大賞なのだけども、選考者の意見の中では「悪人がいない」という意見が印象に残った。

  • 久しぶりのミステリー。
    さまざまな社会問題を取り扱っていて、なかなか読み応えがあった。

  • 震災ストリートチルドレンかぁ、大きな災害だとそんな子どもたちが出現するのかも。
    利用されるというようなことがないような世の中になって欲しい。

  • 読了日2013/11

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

著者紹介
1972)年大阪生まれ。神戸大学理学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科で地球惑星科学を専攻。博士課程修了後、大学勤務を経て、2010年『お台場アイランドベイビー』で横溝正史ミステリ大賞を受賞。2019年『月まで三キロ』で新田次郎賞を受賞した。著書に『磁極反転の日』『蝶が舞ったら謎のち晴れ――気象予報士・蝶子の推理――』『博物館のファントム 箕作教授の事件簿』『ブルーネス』『ルカの方舟』『梟のシエスタ』など。

「2020年 『コンタミ 科学汚染』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊与原新の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×