魔女の宅急便 4キキの恋 (角川文庫)

著者 : 角野栄子
制作 : こより 
  • 角川書店 (2013年9月25日発売)
3.85
  • (28)
  • (60)
  • (44)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :566
  • レビュー :46
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041010143

作品紹介

17歳になったキキ。遠くの学校へ通っているとんぼさんが、夏休みに帰ってくると喜んでいたキキのもとに、とんぼさんから「山にこもる」と手紙が届いて……。一歩一歩、大人へと近づいていくキキの物語。

魔女の宅急便 4キキの恋 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あれ…3巻スルーしてしまっていたみたいです。キキ、17歳になりました。とんぼさんへの恋も自覚して、両想いながらプチ遠距離や魔女であること、宅急便のお仕事に不満を募らせたり…。しっかりしているようでも17歳だもの。ジジは特別な猫だから普通の猫の寿命ではないのかな…5巻も図書館にあれば読んでみよう。

  • 乙女なキキ。
    新しいスリッパの色もとんぼさんに相談したいという乙女っぷり。
    おいおい…とは思うものの、可愛くもありますね。
    ジジの
    「ふー、たいへんだね。だけどさ、ふたりで決めるってことは、とんぼさんと決めたの?」
    というツッコミがナイス。

    素敵な大人の女性にもこんなてんやわんやの乙女時代があったのかなぁ…。
    会えるかどうかで一喜一憂するこの感じは甘くもあり、苦くもあり。
    『魔女の宅急便』てなんていろいろな気持ちが詰まった本なんだろう。
    全てがあるんじゃないか?なんて思ってしまう。
    あと2冊、キキは今度はどんな顔を見せてくれるんだろう。

  • コリコの町で仲よくなったとんぼさんと離れ離れになったキキ。待ちに待った夏休みがやってきたのに、とんぼさんは山ごもりをすると言います。キキはがっかりして、それでも気を取り直して仕事に励みますが、そう簡単に切り替えられるはずもなく…。自分は本当に大切な存在なのか、恋愛中は誰しも気になることでしょう。結局とんぼさんに会いにいきますが、ぎりぎりのところで頑張るキキに、切なさで胸がいっぱいになりました。
    母親のコキリさんが病気で倒れたとき、キキは自分にも「魔女の計算」がはたらいていると知り、魔女として生きていく自信を深めたように思います。魔女の計算とは自然がうまくしてくれるということ。とんぼさんとの関係も、うまくいくに違いありません。

  • とんぼさんへの想い、魔女としての自分などいろいろなことに悩みながら、コリコの街で魔女修行をしているキキ。暗い森の中でわからなくなってしまって自分を見つめなおしたりと、一歩一歩成長していく様子がかわいい。そしてとんぼさんとの距離も、似たもの同志のような二人ですが、だんだん縮まっていき、こちらもなんだかいい感じでした。一番驚いたのはノノちゃんの恋。
    そして、最後、コキリさんのことも出てきて、ちょっとジーンとしてしまいましたが、巻が進むにつれて確実に魔女として成長していっている姿が読者としてうれしかったです。

  • この辺りからは、ハードカバーはうちにないんですよね。
    だから初読み。

    キキはだいぶ大人になりましたね。
    とんぼさんとの恋もちょっと進展。
    次の巻は何歳になっているのかな?

  • 前作でお互いの気持ちを確かめあったキキとトンボ。
    遠くの町の学校に行ってしまったトンボが夏休みに帰ってくるのを待っていたキキでしたが、
    トンボが山にこもってしまい夏休みにはもどれないという手紙をもらって、
    複雑な思いをかかえることになります。


    キキはキキのまま、小さい女の子でいてほしいな、なんて思ってしまうのは私のわがままでしょうか。
    いつまでもジジといっしょに、
    人間のいいところだけみて、
    ときには落ち込んだりするけれど元気に毎日を過ごしていって欲しいのです。

    ま、社会の中でと生きていく以上、それは無理な話ですが。




    今回は、大好きなトンボさんが遠くに行ってしまって、
    また精神的にも一人大人になってしまったようで、
    キキはあせってしまいます。
    あせることなんかないのにね。
    その年で、将来を誓い合う人と出会えるなんて幸せなことなんだよ。


    最後、ちょっとドキドキする出来事がおこります。
    これも、キキに大人の階段を少しかけあがってしまう出来事です。
    ネタバレになるので控えますが、
    まぁ、よかった、とほっとしました。

  • 2013年春から隔月で刊行されることとなった文庫版『魔女の宅急便』の4作目。
    またもや表紙のイラストが秀逸!

    今回は17歳になった魔女キキの一年間で、10編。

    前作で、トンボさんのことを好きと自覚したキキ。
    今回は、とんぼさんとの遠距離恋愛。
    いやぁ・・・ピュアですな。

    2人の噺だけではなくて、謎が謎を呼ぶファンタジックな物語や、心にしんみりとくる物語など、次回作が早くも楽しみ。
    文庫5巻の発刊までに、単行本に手をつけてしまうのを我慢する2ヶ月がまた始まった。

    ※「はじめに」で、1〜3巻のふり返り(あらすじ)が書かれているので、懐かしく読んだ。

    ----------------
    【内容(amazonより)】
    17歳になったキキ。遠くの学校へ通っているとんぼさんが、夏休みに帰ってくると喜んでいたキキのもとに、とんぼさんから「山にこもる」と手紙が届いて……。一歩一歩、大人へと近づいていくキキの物語。

    【内容(「BOOK」データベースより)】
    宅急便屋さんも順調で、17歳の夏を迎えたキキ。遠くの学校へ行っているとんぼさんに久しぶりに会えると、楽しみにしていた彼女のもとへ、とんぼさんから「山にはいる」と手紙が届く。離ればなれで、とんぼさんとなかなか会えないことに、いつになく落ち着かない気持ちになったキキは、届けものの途中で、暗い森のなかにはいりこんでしまい…。一歩一歩、大人へと近づいていくキキととんぼさん、ふたりの甘ずっぱい恋の物語。
    ----------------
    【目次】
    はじめに
    1 小さなお客さま
    2 とんぼさんからの手紙
    3 海辺のお祭り
    4 まっくらくらさんぽ
    5 ほうきがない!
    6 キキ、雨傘山へ
    7 夕暮れ路のむこう
    8 しあわせのベール
    9 ノノちゃんのお誕生日
    10 くすぐりぐさの願い
    ----------------

  • 大人になったな、大人になっちゃったな。
    大人の階段のーぼるーですね。

    でも、大人になっても、人の中身はそんなに変わらなくて、やっぱり子供と同じところもたくさんある。

  • キキ、わりとジジに対して遠慮ないよな(´・_・`) まあお年頃だからしょうがないのかな。

  • オトナの階段登ってる感じですねぇ。
    時に後退しつつもいっぽいっぽ。

全46件中 1 - 10件を表示

角野栄子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

魔女の宅急便 4キキの恋 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする