薔薇のマリア 19.たとえ明日すべてを失うとしても (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : BUNBUN 
  • 角川書店
4.04
  • (11)
  • (4)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (351ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041010242

作品紹介・あらすじ

マリアたちの決死の敢行で“獄の獄”から肉体を取り戻したトマトクン。多くの戦士が倒れてゆく地上に駆けつけ、悪魔たちを押し戻していく。しかし、優勢だったのもつかの間、悪魔大公が再びその姿を現す!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『薔薇のマリア』シリーズ第19巻。

  • なんか、もうすごかった…。とりあえず、カタリやリーチェやモリーと再会出来て良かった。でも一番はアジアンとの再会。強気なアジアンに笑ったwあと、指でハートマーク作って「極限愛」に爆笑w

  • もっとじっくりやってもいいのに、と思うけどまあそうもいかんのでしょうなあ。スニーカーはわりと世知辛いぜ。
    再会したり死んじゃったり再会したり操られたり飛んだりファニー・フランクがファニーカッコよかったりキンググッダー。
    でっ、マリアさんの色々はいつ明らかになるんでしょうか?

  • 次巻が最終巻ということもあり、かなり早足な気もします。シーンごとにエルデンでのことが脳内に再生され、彼らが本当にこの世界にに生きていることを感じさてくれます。
    戦闘も佳境に入っているからか、各自の戦闘シーンはかなりさらっとしてます。人もバシバシ死にます。RPGゲーム的にいうと、最終ダンジョン前にちょっと寄り道して最強装備そろえちゃった主人公たち状態なので…しかたいかなぁと思いつつも。戦闘の物足りなさが−1の要因かなぁと。
    あとは文句無しです!アジアンとマリアの再会は本当にいい‼いや久々にあの三文字みて泣きながら笑いましたw
    マリアの瞳の秘密が解き明かされることに期待‼
    どうでもいいですが…背表紙のデザインか変わっててなんか凹みました。

  • 悪魔に押されていた状態から反抗にでる巻なので、爽快感がある。まぁ、敵味方双方とも死にまくりでもあるので、爽快とばかりも言ってられないけど。
    はじめからここまでの展開を想定していたんだとしたら、ちょっとすごいなぁ。

  • さすがに何書いてもネタバレかもなので、ネタバレチェック入れるついでにネタバレです。



                        
                             
    別れてたそれぞれが、エルデンでほぼ合流。
    次巻で完結。
    魔術士すげー。
    荊王は案外最後まで生き残るかと思ったなぁ。
    マリアとアジアンはもっといちゃいちゃしてもいいのよwと思いつつ、我に返ったマリアの安定のツンににやにや。

  • 読み終わったといってもとばし読みですが。
    マリアもうちょっと出番多くなるといいな。
    あと一体いつマリアの目のことでてくるんだろ?

  • 2013/09/28
    ⇒まんだらけ 420円

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

作家。北海道大学文学部卒。
『純潔ブルースプリング』で第7回角川学園小説大賞・特別賞を受賞。
主著に『薔薇のマリア』シリーズ、「第九高校」シリーズなどがある。

「2013年 『マイワールド』 で使われていた紹介文から引用しています。」

薔薇のマリア 19.たとえ明日すべてを失うとしても (角川スニーカー文庫)のその他の作品

十文字青の作品

ツイートする