西の末裔 目覚めよ、宿命を継ぐ者 (角川ビーンズ文庫)

著者 : 村田栞
制作 : 霜月 かいり 
  • 角川書店 (2013年9月28日発売)
3.47
  • (4)
  • (3)
  • (8)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :47
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041010327

作品紹介

かの有名な玄奘三蔵が天竺から帰国して、100年余りの中国。立派な僧を目指す青蓮は、師匠から仏像と巻物を盗んでくるようムチャぶりをされてしまう。しかも、なぜか凶悪なお尋ね者・黒麒と手を組むはめになり!?

西の末裔 目覚めよ、宿命を継ぐ者 (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ほんわかー
    真面目なひとが振り回される話は好きだ
    どうぞ報われますように
    青い炎はよい炎な感じがするけれどもいかがか

  • 三蔵の弟子、というフレーズで惹かれて買ってみました。一気に読んでしまった!!

  • 次巻も読もうと思う

    最後の茶々の話に全部持ってかれたwww

  • 表紙の黒髪が主役かと思ったら違った件。

    まだ謎が残ってて、何も解決してなかった。

  • 『西の末裔』シリーズ第1巻。

  • 2014年2月4日読了

    1巻では旅の発端となる話という感じ。
    青蓮は過去の事を抱えながら頑張っているけど、起こったことに対処していく形なので、今後成長して自分から何かできるようになっていくのを待ちたい。
    黒麒・朱虎・黄豹はとにかく強いという部分が特化していたので、次巻以降掘り下げられたら面白いだろうなと思う。特に黒麒と青蓮の因縁が気になるところ。

    気になる人物はいるものの、物語が動き出すその手前なので、この先動き始めた彼らとその物語が楽しみ。

  • 三蔵法師の弟子青蓮という少年が主人公。
    三蔵法師が異常にだらしなかったり、かわいい子ザルが出てきたりと笑わせるところもあり、スリリングなアクションありと、いろいろ盛りだくさん。

    青蓮と黒麒の過去に何か因縁がありそうな事とか、次巻以降どのように展開するのか期待したい。

  • 買ってみたものの、正直、プロローグ部分でダメだって思った。
    なので、読み終わったというよりも、読めなかったが正しい。

全9件中 1 - 9件を表示

西の末裔 目覚めよ、宿命を継ぐ者 (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

村田栞の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

西の末裔 目覚めよ、宿命を継ぐ者 (角川ビーンズ文庫)に関連する談話室の質問

西の末裔 目覚めよ、宿命を継ぐ者 (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

ツイートする