この命、義に捧ぐ 台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.12
  • (26)
  • (25)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 270
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (402ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041010358

作品紹介・あらすじ

中国国民党と毛沢東率いる共産党との「国共内戦」。金門島まで追い込まれた蒋介石を助けるべく、海を渡った日本人がいた―。台湾を救った陸軍中将の奇跡を辿ったノンフィクション。第19回山本七平賞受賞。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この本に興味を持ったきっかけは、約10年前に観た映画だった。『トロッコ』(2010年)で観た台湾の美しい風景が印象的だった。戦前・戦後に日本が統治し、現在でも日本語を話す現地人がいることを始めて知った。戦後、蔣介石率いる国民党が入ったことは承知していたが、それ以前のことは全く知らず、台湾のことも知りたかった。

    フィクションではなくてドキュメンタリーだ。前半は根本博陸軍中将の終戦前後の行動を紹介している。中国北部といえば、満州にいた関東軍しか知らなかったから、すごく勉強になった。終戦直後の大陸での混乱はよく語られるが、それは多く満州のことで、満州より内陸の内蒙古からは、武装解除の命令を破って軍が四万人もの一般市民を守りながら、退却、引き上げしたことを興味深く読んだ。このとき不可侵条約を破って進軍してきたロシア軍からの防衛を了解した国民党軍への恩を返すために、戦後、台湾に密航し、その地に逃れた国民党軍を顧問として支えた元駐蒙軍・北支那方面軍司令官。また、蒋介石が1943年に行われた連合国側の会議で、日本の天皇制を支持したことも興味深かった。今の日本の天皇制は色々な人に護られてきたのだなぁ。

    それから、日本統治下の台湾総督とその役人、台湾市民の間柄も密だったのだと思う。中国から来た国民党の人々(外省人)とその前から台湾に暮らす人々(本省人)の対立も、台湾だけの話ではない。なぜか、江戸時代の土佐や肥後の例が頭に浮かんだ。どこの国にも同じような事象が起こっているのだな。

    共産党と国民党の戦闘はよく知らない、というのは外国の話だからだ。戦前、多くの日本人が大陸や台湾で暮らした時代と、私が生まれた時代では、この三国の距離はずっと離れていると思う。金門島がどこにあるのかも全く知らなかった。

    密航したり、戦闘指揮をとったり利害を考えず、「義」に報いるのは、命がけで、すごく忍耐のいることだと思う。ちゃんと契約して報酬を受け取ったわけではなく、歴史に埋もれ、日本でも台湾でも隠され、忘れられていた事実を読んで、改めて「侍精神」のすごさを知った。電子書籍版

  • すばらしい将軍でした

  • 中共の防波堤たらんとした、根本博中将はタイトル通りの「義」の人だ。素晴らしい。

  • 第二次世界大戦後の中国大陸で繰り広げられた国共内戦を舞台に、ある日本人が今の台湾を台湾たらしめる戦績を収めた話。廈門からはたったの2km、台湾からは180kmも離れているのに台湾領である金門島。国共内戦はこの地で決する。台湾駐在員、必読の書。おすすめ致します。

  • 派手な戦歴がないので知名度はあまりありませんが、それだけに敗戦処理という難しい局面で自ら考え、動いて満州のような悲劇を回避した名将の敗戦後から台湾への救援までをメインに描かれています。

  • 著者の綿密な取材から事実を浮かび上がらせる考えがとても良く伝わってくる。それにより歴史から消えていた英雄が蘇る。

  • 日本陸軍中将と台湾、蒋介石との話。
    台湾独立の隠された真実の話。
    面白い。

  • 改めて台湾海峡を地図で見ると、廈門に隣接する金門島が台湾領であることに驚かされる。元日本陸軍根本博中将が台湾に密入国し、古寧頭戦役における国府軍の顧問となりその勝利に貢献していた。日台両国民にもっと知って貰いたい。60年を経て埋もれた史実を掘り起こす著者の取材力に圧倒された。

  • 5/26 TV池上彰さんが根本博中将に言及池上彰さんが台湾へ。
    台湾と中国の闘いの歴史を解説し、本に言及され話題です。

  • 台湾には “雪中に炭を送る” という言葉があるそうです。一番大変な時に素早く手を差し伸べてくれる台湾。その理由はこの本にあるのではないでしょうか。
    戦後の台湾を救った日本人、根本博陸軍中将、戦時中敵だった相手から、終戦で日本の国と人を守るため貰った恩義、この事実にも驚きました。軍の正史、報道の伝えてきた事、消された事実があるうえで、ノンフィクション作品は伝えられない事実を残し伝えてゆくために、大切な媒体だと思いました。

全25件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1958年、高知県生まれ。中央大学法学部卒。ノンフィクション作家として、政治、経済、司法、事件、歴史、スポーツなど幅広い分野で活躍。『この命、義に捧ぐ 台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』(角川文庫)で第19回山本七平賞受賞。主な著書に『なぜ君は絶望と闘えたのか 本村洋の3300日』(新潮文庫)、『太平洋戦争 最後の証言』(第一部~第三部)、『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』、『記者たちは海に向かった 津波と放射能と福島民友新聞』、『慟哭の海峡』(いずれも角川文庫)。

「2020年 『汝、ふたつの故国に殉ず 台湾で「英雄」となったある日本人の物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

門田隆将の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

この命、義に捧ぐ 台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×