キマイラ 3 餓狼変 (角川文庫)

著者 :
制作 : 三輪 士郎 
  • 角川書店
3.83
  • (5)
  • (5)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 76
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041010389

作品紹介・あらすじ

体内にキマイラを宿す大鳳と久鬼。2人を案じる玄道師・雲斎は、キマイラの謎を探るため台湾の高峰・玉山に向かう。一方キマイラ化した大鳳と対峙した九十九は、己の肉体に疑問を持ち始める。シリーズ第3弾

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  己の肉体に疑問を持ち始め悩む九十九が闘いを通して立ち直り、キマイラの謎に立ち向かっていく。

     この巻は、好漢、九十九三蔵がメインとなって物語が進み、若さゆえの挫折を味わいながら強くなっていく様子が描かれ、いい年のおじさんが思わず手に汗握って応援しながら読み進めていきました。

     この巻も大鳳、久鬼、雲斎、龍王院など多彩な人物が物語を紡いでいき、物語の壮大な世界を味わうことができました。

     次巻もそれぞれの人物の闘いが描かれることになるので、楽しみです。

  • キマイラ第3巻

    九十九編といってもいいほどの巻だと思う。
    1巻の登場から体躯以外は最も人間的な雰囲気で描かれていた九十九だからこその悩みや葛藤があり、共感的に読み進めることができた。
    物語の展開として、非常に今後の恐怖をあおるような話ではあるが、九十九については救いのある話だった。

  • 大鳳は殆ど出てこない、九十九の巻。
    やっぱり、いくら修行を積んで肉体的にも精神的にも精錬されてるとはいえ、まだ18歳なんですよ。初登場から器の大きい人という書かれ方をしていたので、創作にありがちなスーパー高校生で通すのだと思っていたら、今回崩れたのでちょっと人間に近付いた感じ(笑)
    それでもスーパー高校生であることには変わりないんですけどね。

  • ハラハラドキドキ!
    面白く読みました

  • 2巻から続いて、大鳳はキマイラに喰われてしまうのか、
    それを九十九は守れるのか…

    ハラハラしながら、やはり一瞬で読了。
    次が早く出ないかな!

  • 改めて読んでみると、主人公は大鳳吼ではなく、九十九三蔵なのか?と思ってしまうぐらい、文庫版2巻からの流れだけど(笑)、この時の夢枕先生は神がかってたなぁと。
    とにかく面白い。
    思い悩む九十九にそれを見守る仲間たち。いやぁ、青春だなぁ。

  • キマイラシリーズ第3弾。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1951年、小田原生まれ。「上弦の月を喰べる獅子」で第10回日本SF大賞を受賞、「神々の山嶺」で第11回柴田練三郎賞を受賞。平成11年4月朝日新聞に「陰陽師(おんみょうじ)」を連載、陰陽道ブームの火付け役となる。著書に「魔獣狩り」シリーズ、「闇狩り師」シリーズなど。

「2018年 『バロルの晩餐会 ハロウィンと五つの謎々』 で使われていた紹介文から引用しています。」

キマイラ 3 餓狼変 (角川文庫)のその他の作品

夢枕獏の作品

ツイートする