トロイメライ (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.32
  • (3)
  • (4)
  • (12)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 73
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041010396

作品紹介・あらすじ

19世紀、琉球王朝末期の那覇の街。正義に燃える新米岡っ引きの武太は、つぎつぎと巻き起こる事件にまっすぐ向き合いながら、少しずつ大人への階段を上っていく――。琉球版・千夜一夜物語!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2013/11/27読了。
    那覇の水辺で繰り広げられる、まさに夢のように美しく優しくちょっと哀しくそして明るい短編集。『テンペスト』でも感じたが、一見荒削りで拙くも見えるこの作者の文章は、本当に琉球王朝ファンタジーにピッタリだと思う。
    木村伊兵衛という伝説的な写真家が戦前の那覇の市場や港や葬列や超絶美人な芸者(ジュリ)を撮った写真があって、もちろんモノクロ写真なのだけど、本書を読んだ後でそれらの写真を見なおすと、そこに強烈な色彩が秘められていたことに気づかされて印象が変わった。それくらい本書の描写は色鮮やか。
    あと、各話に必ず出てくる料理も楽しい。ジーマミー豆腐、アダンの芽、ターンム、ヒラヤーチー、ポーポー、月桃の葉に包まれたムーチー、クーブイリチー、ラフテー、サーターアンダギー、中身汁、フーチバージューシー……那覇と石垣に旅行した時に食べまくった沖縄料理八重山料理を思い出してお腹が減った。週末は沖縄料理屋に行きたくなること請け合い。

  • お風呂時間のリラックス本として、ゆっくり一話ずつ読みました。
    池上さんの物語の中の沖縄の空気って、からっと明るいだけではなく少し哀しい感じがする。

  • 魔加那の性格が好きです

  • 池上氏の大ベストセラー「テンペスト」とリンクする傑作短編。当時の那覇の街が活気に満ちて描かれる。次は「黙示録」。

  • 池上ワールド。テンペストを読んでいるともっと楽しめる。冒頭の二章は今ひとつって思ったが、徐々に盛り上がり、フィニッシュは物悲しいけど爽快。涙の中にクスリと笑いを盛り込むのはさすが。だからやめられないんだな、池上永一。

  • 最高のファンタジー。

  • ちょっと展開は雑だけど…琉球の庶民の暮らしが生き生きと描かれていて楽しめた。
    テンペストのスピンオフ的な物語で、登場人物がちらほら被ってます。

    つーか黒マンサージ、女の悲鳴が聞こえるところに駆けつけるなら、テンペストで温寧が手込めにされた時も助けてあげてよ!と思った。

全8件中 1 - 8件を表示

トロイメライ (角川文庫)のその他の作品

トロイメライ 単行本 トロイメライ 池上永一
トロイメライ (角川文庫) Kindle版 トロイメライ (角川文庫) 池上永一

池上永一の作品

ツイートする