四十路越え! (角川文庫)

著者 : 湯山玲子
  • 角川書店 (2013年10月25日発売)
3.29
  • (3)
  • (11)
  • (10)
  • (6)
  • (1)
  • 本棚登録 :100
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041010426

作品紹介・あらすじ

四十路の恋愛は、現世利益のせめぎ合い。「すべては自分から」という心意気で。性、仕事、美容、健康。四十代での早すぎる退廃を避け、現代を生き抜く具体的アドバイスに満ちた、金言エッセイ集!

四十路越え! (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読んだ。まあまあ面白かった。

    「止まるも地獄,進むも地獄なのですが,経験上ここでいしきてきに何らかの第2エンジンをふかさなかった人は,60歳以上の本格的な老いに向かって,早すぎる精神的退廃を迎えてしまうことになりかねません。」

  • 20代で読んでおきたかった。
    著者とはふた回りくらい違うはずだけど、考えていることってあんまり変わらないんだということが分かった。
    全然古臭くない、っていうかむしろ私より若々しい…

    現代を生きる女性にとって何が問題でどう解決したら良いかをとても詳しく書いてあって、いわゆる「生き方本」とは種類が違う(そういうのは抽象的で理想論なイメージ)。
    定期的に読み返したい本である。

  • 湯山流「カッコイイ中高年の生き様」みたいな感じでしょうか。
    結構細かい部分までご自身の生活、生き方ぶりをさらしてくれていて、中高年女性として、たいへん参考になりました。

    湯山さんを真似るということではなくて、自分なりのルールや信念を持って生きる、という点で、重たい腰をあげるきっかけの一つになったし、勇気がもらえた感じ。

    昨今、ちまたの美容広告に出てきているような、年齢不詳の美容おばさんには興味ない(なれないし、なりたくもない)けれど、徹夜OKぐらいの健康おばさんにはなりたい、と、思った。

  • アラフォー女性への人生指南のようなエッセイ。恋愛の価値観の低下が独身アラフォー女性の数を増やしているのだろうか。アニメの普及で世の男性は二次元女性も恋愛の対象とし始め、SNSの普及でお気楽に女性と遊んじゃう世紀末の到来。そんな世紀末でアラフォー女性が生きる術は…

    女性向けのエッセイですな。

    湯山玲子さんの作品では『女ひとり寿司』が一番面白かった。

  • 著者が中学生のころに、「小出しにして一生遊び続けて行こうね!」といっていたことがすごい!うけました。
    時代が急激に進み、40代女性のロールモデルがない、という言葉に胸のつかえがとれたかのようにすっきりしました。なんとなく生きづらい気がしていたけれど、自分のモデルを作っていけばいいのか、と思えた一冊。

  • 女40歳元服説。
    唸りました。二度目の成人式を越えてようやく女は女になるのだ。

    こじらせ女子、がすっかり定着した昨今。この「こじらせ」という言葉が免罪符となり、アラサーアラフォー女子の胸の底に眠る本質的なモヤモヤをうまく昇華させてしまっている気がする。そこへ湯山女史がガツンと提言。

    『性欲を上手くコントロールし、恋愛関係に拘らないフランクでキッチュでポップな関係を築くべし』

    なるほど。恋愛至上主義が世の女性を自ら縛り付け苦しめている。ここはひとつ、女四十路は自己解放してみるべき岐路に立っているわけである。
    四十路越え、とは自意識を越える女の道なのである。

  • それもありなのか!
    ”なんとなく停滞気味””愛され系に飽きた”人は、
    アラフォーでなくても読んでみるといいかもしれません。

    セックスと美容と仕事という
    いかにももう語り尽くされている内容なのですが。
    潔い物言いとシンプルな心理。
    人生の先輩とは、こういうことかぁ!

    作者のようなツワモノ論に、全部は共感できなくとも、
    ”なんだか40越えもたのしみだァ”と思える一冊でした。

  • 四十路と恋愛・四十路とセックスなんて小題を「なるほど…」と読み終えて、ふと通勤電車の目の前に座っている女性を見るとちょうどその年ごろ。文章の内容と実際の身体を持ったオンナがイメージとしてなかなかぴったりきません。ファッションや仕事の小題にいたっては作者の自慢話がかなり含まれているようでこのあたり、あまり面白くなかったかな。

  • 140110

  •  「だって女子だもん!」での対談で興味をもったので。


     色々印象に残ってるんだけど、

     「男は女に恋愛なんていう幻想を求めてない」

     的なところに勝手に共感。

     要は一定してセックスできる相手が欲しいのよね。

     だから恋愛にかける労力なんて最小限に抑えたい。

     これ、私と一緒wわたしゃオトコか!って感じだけど。

     

     でもねぇ、わたしそんなにセックスしたいとか、思わないんだよなぁ。

     言うなれば、オトコっていう存在に触れてたい、ってのはあるけど。


     誰かが隣で寝てくれていて、寒くないとか、

     手をつないでくれる存在がいるとか、

     そういうのでなんか十分満たされる。


     そこをもう一歩踏み出さんといけないんよね。


     彼氏は・・・いや、元彼は、黙ってそれを私に与え続けてくれました。

     ほんとうにありがたい存在でした。


     「ありがたい。」わたしにとってそれは、常ではない。

     ただそういう存在がいなくなったってだけだ。


     思い返せば返すほど、傷口は広がる。


     ただ、自分を痛めつけて苦しい思いをできるだけ

     私は幸せだった。

     何もなければ、傷つくこともない。


     ありがとうと、心から言いたい。元彼に。

全15件中 1 - 10件を表示

四十路越え! (角川文庫)のその他の作品

四十路越え! (角川文庫) Kindle版 四十路越え! (角川文庫) 湯山玲子
四十路越え! 単行本(ソフトカバー) 四十路越え! 湯山玲子

湯山玲子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
恩田 陸
村田 沙耶香
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする