安堂ロイド I (角川文庫)

  • 角川書店
3.75
  • (3)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041010570

作品紹介・あらすじ

天才物理学者・沫嶋黎士が殺された。彼は婚約者・安堂麻陽に「100年先も君を護る」と言い遺していた。誰かに命を狙われる麻陽だったが、黎士に酷似したアンドロイドが現れ麻陽を全力で護ろうとする――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「すごく残念感があるんですけど」「いやいや、そこそこ見られますよ」という相反する感想を友人知人から聞いているロボキムタクドラマ、『安堂ロイド』。ロボキムタクには興味があるようなないようななんだけれども、この感想を書いている時点で今までの放送(4回)を全部見忘れているわけだし、ここから追いつく方法はなんとかないものかと思っているところに、意表をついたノベライズ本刊行ということで、早速、第1巻を買ってみた。

    SF界で王道のモチーフ、「未来からきた暗殺者 vs. キーパーソンを守る勢力」なドラマ展開である。ネットで話題のとおり、『ターミネーター』を彷彿とさせるプロット。アンドロイドは立体プリンターで生成されるし、損傷を受けたアンドロイドを修理するスタッフは『ドラえもん』的な入退場をするしで、いろいろなモチーフをサンプリングしているのだろう。うーん、でも映像的な小ネタは小説に入れこむと、読んでいてちょっと寒いかもしれない。

    読んでいて気になったのは、ドラマや映画のノベライズ版というのは、映像をすでに見た人向けのものなの?ということ。台本のト書を文章化して台詞をそのままはさんで仕上げました!という文体で、多少なりとも映像を先に見ていないと、ものすごく状況がつかみにくいような気がする。ヘンなところで平板すぎて、何を、誰を書いているのか「?」となってしまい、理解が止まってしまうこともしばしば。小説にするなら、くどくない程度の状況説明をまじえた地の文と、登場人物の描き分けという技術は最低限必須のスキルだと、素人の私でも思うんですが。

    ちなみに、同じ日に買ったSF小説(第44回星雲賞受賞作)をぱらりとめくると、不親切さも説明臭さもなく、何が始まるかわからない、物語へするっと入っていく仕掛け感が効いているような気がする。それに、同じノベライズ本でも、『サマーウォーズ(岩井恭平、角川文庫)』なんかは、映画のシーンとキャラ描写をうまくさばいて、しかも映画よりもメリハリが効いていて面白かった。そこは書き手の個性というか、シンプルに力量だと思う。

    以下続刊なんですが、ストーリーは結構面白いから(麻陽とレイジの甘々シーンは取ってつけたようで、あってもなくてもどちらでもいいんだけど)、どうしようかな…って、その前に1回くらいドラマ本編を見ろよ、私!

  • 死んでしまったレイジに代わって現れたアンドロイドが、麻陽を守ります。 それがクライアントの指示によるものだとしても、うれしいですね! ドラマを見ていないため、今後の展開がとても楽しみです。

  • 小説版はもっとディテールがしっかりしていることを期待して購入。

  • ドラマでも見ていますけどほんとうに面白い本でした。藜士が命をかけて麻陽を守る所が素敵です!100年後の誰かとメール?そんな不思議な未来と現在が繋がる物語だと思いました。
    自分の好きな世界観でした。

  • キャストを知ってるけど、ドラマは観てません。でも、読んでいくうちに木村さんや柴咲さんの声が入ってきて面白い。
    視聴率を取るテレビドラマだから、タイトルはちょっと・・・ってなっているのかもしれませんが、小説として好きです。
    この調子で次も読みたいと思います。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

にしおぎゆみえ●脚本家。代表作に「ケイゾク」ほか/とよだみか●ノベライズ作品に「のだめカンタービレ最終楽章」ほか

「2018年 『SICK'S 恕乃抄』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西荻弓絵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする