少年陰陽師 天狐の章・四 羅刹の腕 (角川文庫)

著者 :
制作 : 三木 謙次 
  • 角川書店
4.07
  • (4)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041010839

作品紹介・あらすじ

時は平安。天狐の血を引く、安倍家の二人の陰陽師。昌浩はその身に流れる天狐の血にのまれかけており、祖父の晴明は命を取りとめたものの、危険な状態が続いていた。また中宮章子には、怪僧・丞按の影が!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まだまだ混乱中。

  • 十二神将たち、晴明、晴明の孫、姫二人、皆それぞれに個性豊かに展開して目が離せません。これからどうなってくの?早く次巻が読みたい。ワクワクです。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

東京都在住。2000年9月『篁破幻草子 あだし野に眠るもの』で作家デビュー。02年1月に発売された『少年陰陽師 異邦の影を探しだせ』より「少年陰陽師」シリーズがスタート。累計550万部を超える大ヒット作となる。その他の著書に「吉祥寺よろず怪事請負処」シリーズ、「陰陽師・安倍晴明」シリーズ、「モンスター・クラーン」シリーズなど多数。

「2018年 『吉祥寺よろず怪事請負処 さまよいの街』 で使われていた紹介文から引用しています。」

少年陰陽師 天狐の章・四 羅刹の腕 (角川文庫)のその他の作品

結城光流の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする