最近、空を見上げていない (角川文庫)

制作 : ケッソク ヒデキ 
  • 角川書店
3.51
  • (16)
  • (36)
  • (43)
  • (11)
  • (1)
本棚登録 : 459
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041010846

作品紹介・あらすじ

その書店員は、なぜ涙を流していたのだろう―。ときにうつむきがちになる日常から一歩ふみ出す勇気をくれる。本を愛する人へ贈る、珠玉の連作短編集。(単行本『赤いカンナではじまる』を再構成の上、改題)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 作者さんが千葉の出身なんですね。
    松戸駅の近くの短大とか、津田沼とか、同じく千葉出身の私にとって身に覚えのある地名がたくさん出てきました。

    男性作家が書く30代くらいの独身男性の話を読んでみたくて(これがなかなかない)手に取りましたが、その点では大当たりでした。
    書店員の男性・出版社勤務の男性を主人公にした連作短編。
    一番心に残ったのは『美しい丘』です。
    最後の最後、すっと書かれた一言でぐわっと涙が込み上げました。

    P172
    職業    踊り子
    将来の夢  本屋さん

    いい話すぎる。卑怯すぎる。

    はらだみずきの他の作品は児童書やスポーツものが多いようですが、この手の作品ももっと読みたいです。

  • 電車での暇潰しにと思ったら意外に面白かった。買う決め手になったのは「本を自分で棚のなかから探す楽しみを放棄して~新聞の切り抜きか何か持ってきて『おい、これくれ』だもん」ってのと書店員といいうのは多くの場合、疲れているものだってとこでした(笑)分かる~書店員だと分かる~!!!!!あと出版社にもちょろりといた事があるので登場人物達の気持ちとか分かるなぁ~と。フランチャイズになってしまったので書店員の面白さは減少したけどこれ売りたいなぁって本が売れると嬉しいです。でも最近の有名書店員さんオススメみたいな風潮は嫌いです。出版社の怠慢だ!宣伝は自社で頭を捻って下さいと。書店員さんに聞いた今一番面白い本フェアとかさ、丸投げっぷりが頭きます(笑)書店員さんそんなに暇じゃないんだよー。アンケートとか面倒くせーんだよー。でも最近は本が好きだから書店員になったけど流通の面白さが分かってきたのでさらに仕事が面白くなった気がします。売れる本の予測を立てどのように売るか作戦を練り手配する。それが生き物のように動き(この場合は売れる)だした時快感だなーと思うのでした。

  • 書店や出版社に関わる人たちの連作短編集。主役は出版社・営業の作本さんなのかな。そういわれてみれば私も最近、空を見上げていないなと思い、そして本にかかわる小説だったので手にとってみました。
    表題作の『最近、空を見上げていない』と『美しい丘』が特に良かった。余談だけど、どの業界も社会で働いて自分で稼いで生きていくのは難しいなと思った。

  • 2013.12.4読了。

    そう言えば、最近、空を見上げていないなぁ、、、なんて私も思いました。
    出版社勤務の私には、良くも悪くも、だけど良い仕事じゃないか!と思えて楽しめた。
    「美しい丘」はたまりません。

    • greenflashさん
      美しい丘、同感です。力いっぱい共感します!
      美しい丘、同感です。力いっぱい共感します!
      2013/12/05
  •  本にまつわるお仕事小説は、ちょっと前に、大崎梢『平台がおまちかね』とか、碧野圭『書店ガール』シリーズとか、門井慶喜『おさがしの本は』などなど、立て続けに読んで、どれも「まあ面白いんだけどなぁ……」という感想を抱いて以来、少し遠ざかっていました。
     これらの本の頃は(今も継続中なのかもしれないですが)、ライトミステリーブームで、お店屋さんの店員がが日常の謎を解き明かすタイプのお話が圧倒的に多かった。
     で、お仕事小説としては面白いけどミステリーとしてはあと一歩かな、という評価をそのときはよくしていた気がします。

     ……前置きが長くなりました。

     変わったタイトルだなぁ、と思いつつ、本の厚みも程良いし隙間時間にちょいちょい読むつもりで朝、持ち出して……、
     結局、移動の電車の中と、出先でできたまとまった時間のうちに一気に読んでしまいました(笑)
     そのときちょうど心が弱り気味だったせいか、人情話にぐいぐいと引き込まれました。
     本に向き合う姿勢、人と向き合う姿勢、仕事に向き合う姿勢……、ほのぼのと心の温まるストーリーながら、自然と背筋が伸びます。
     シビアな面を削ぎ落とした、少しご都合主義なところもありますが、とても素敵なお仕事小説でした。

     一つ学んだことは、「社会人には成功の体験が必要」。

  • 最近、自分のことしか考えてなかった

  • 目的の本を買いに書店に行くことも多いですが、時間があるときはゆっくり面白そうな本を探します。そういうときに参考になるのはタイトルだったり、ポップだったり、本のおいてある場所だったり、帯の惹句だったり。本を作る作家さんや編集さんだけではなく、営業さんや書店員さんのお陰で手に取ることになった作品も多々あります。どんなに良い本でも、誰かが手にしてくれないと売れない。口コミだって読んだ人がいて初めて広がっていくものだし、置き方や売り方を間違えればせっかくの本が存在も知られずに消えていく。重要なお仕事ですよね。
    仕事に関する描写も引き込まれますが、やはり中核は「本が媒介する物語」。文芸書担当の女性書店員の涙のわけは。特定の書店に自分の本をおいてほしいという著者の理由は?ある本に同級生を見つけて探し出そうとする青年、思い出の朗読。すべてに本が関わってきます。読んで、内容について語って、それで終わり。場合によっては人生を動かすくらいの作品に出会うこともあるけど、本の役割ってそれだけではないんだなと感激しました。そして各章のタイトルがまたいいのです。最初はこの物語のどこに関係してくるんだろう?と思うのですが、徐々に意味がわかってきて高揚のうちにラストを迎えるのです。気がついたら泣いていた、という読書は久しぶり。良い作品に出会えて感謝です。

  • 元書店員という立場(視点)でこの作品を読んだ。自分が担当をしている部門の棚や平台にはすごく愛情を込めて展開をしているので、担当を変わるとなるとすごくショックである。この作品を読んで少しでも書店の事がわかっていただければと思う。

  • 出版社の営業が主人公の普通の人たちの普通の物語。ストリッパーの話がいい!鼻の奥につんとくる。星3.5。

  • 「美しい丘」 見逃さないで。私は全身に鳥肌が立ちました。

    本と本の作り手の思いを大切にする編集や営業、書店員。

    その華々しい活躍なんか描かれていない。大切なのはそこじゃない。

    なぜ彼らは本と関わり、出版業界で働き続けるのか…ひとりひとりが本を愛するようになったきっかけ、彼らも気づいていないかもしれないような青春体験が、とても懐かしいタッチで描かれている。訥々と。

    もう一度。「美しい丘」は珠玉!

全30件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

はらだ みずき
1964年、千葉県生まれの小説家。法政大学経済学部卒業。商社、出版社勤務を経て、2006年『サッカーボーイズ 再会のグラウンド』でデビュー。『帰宅部ボーイズ』で、『本の雑誌』2011年上半期エンターテインメント・ベスト第2位。

最近、空を見上げていない (角川文庫)のその他の作品

はらだみずきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

最近、空を見上げていない (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする