板谷遠足 (角川文庫)

著者 : ゲッツ板谷
  • 角川書店 (2013年11月22日発売)
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 14人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041010853

作品紹介

牛久大仏(茨城県)、ガマランド(茨城県)、夢のカレー(千葉県)、黒部ダム(富山県)、入水鍾乳洞(福島県)……予算1万2000円で全国を巡る、爆笑珍道中!

板谷遠足 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ゲッツ板谷さんの本は2冊目です。

    前に読んだ出禁上等と比べると、向こうの方がおもしろかったかなあ……。

    多摩テックのくだりは、もう気持ちわかりまくりでした。
    私も、遠足で多摩動物公園行ったり、子供の頃のアルバムには多摩テックに行ったときの写真が散りばめられてます。

    閉園の時はまだ子供が小さかったので、とても残念でした。
    だから、ゲッツ三が行きたくなる気持ちはわかる!

  • 雑誌SPAの連載で、毎回12000円以内で行ってみたいところにとりあえず行ってみるという企画もの。つくばガマランドやサーキットの狼ミュージアムなど超B級観光地や、牛久大仏をはじめとした巨大仏等々なんとも雑多なものが入った一冊。正直、行き先の選定も文体もかなり雑。怪人紀行」シリーズはこんなに雑ではなかったのですが、なんせ一人称が「ボキ」ですからね。個人的にはこういうB級な観光地は、結構好きではあるんですけど。

  • 観光地に行って観たらガッカリするスポットが満載。でも、記載されている大仏やお食事処に行って自分で感じたくなるから不思議な作家さんだ。時間を置くとまた飲みたくなるドクターペッパーみたいに、やっぱマジーって時々確認したくなるんだよねー。

全3件中 1 - 3件を表示

板谷遠足 (角川文庫)のその他の作品

板谷遠足 単行本 板谷遠足 ゲッツ板谷
板谷遠足 (角川文庫) Kindle版 板谷遠足 (角川文庫) ゲッツ板谷

ゲッツ板谷の作品

板谷遠足 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする