魔女の宅急便 5魔法のとまり木 (角川文庫)

著者 :
制作 : こより 
  • 角川書店
3.83
  • (27)
  • (43)
  • (41)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 475
レビュー : 46
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041010938

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • キキ19~20歳。
    ついにキキも大人の女性に……は、まだちょっとなれていない感じ。
    恋するキキがとにかくヤキモキする話。
    最後はめでたくハッピーエンド。
    そして思いもかけないつづきへつながっていくのにはびっくり。

  • 19歳から20歳、大人になってゆくキキ。この巻で出会う人たち、周りの人たちの言葉は、特に心に響くものが多く、好きなお話や表現も多かった。
    対照的な考え方、お話の中でのキキの考えとは異なっているけれど、両方へ共感するものがあり、どちらとは選べない、私は両方の心を持ち合わせていたいな。

    「海のかぎ」と「まんまるな気持ち」がとても好き。
    ずっと続く不思議は、人の心に豊かさを与えてくれる。
    もしかしたら、を想像する楽しみ。そしてその時間を誰かと共有できること。こんなふうに、どきどきする気持ちを持ち続けることって素敵*
    手のひらのまんまるなお月さまは、心も満たしてくれる大きな大きなお月さま○

  • ジジの言葉がわからなくなったり、飛べなくなったり、不安になる。
    とんぼの不器用だけど優しい手紙(とんぼの詩と誕生日の手紙)には涙ぐんでしまった。
    キキのように若い頃は、はっきりした言葉とかほしがるものよねえ、と思ってしまった。
    とんぼもキキも昔の懐かしい気持ちを思い出させてくれる。

  • まんまるの気持ちがとっても好き。愛の大きさをキキがとんぼさんに尋ねてとんぼさんは掌に丸を描く。最初は戸惑うもこの〇に込められた大きさにキキは気づき、うれし涙する。

  • このシリーズの5巻を読んだのは初めてでしたが、
    大人になっていく姿を見届けられてよかったです。

  • 文庫版5巻となった『魔女の宅急便』は、キキ19歳の1年間。
    時が経つのは早いのぅ(-_- )シミジミ

    今回はキキとトンボさんの往復書簡の恋愛味が深みを増していて素敵な巻になっている。
    「もちつ もたれつ」の魔女の温かい物語も素晴らしい。

    そしてそしてっ
    ついにキキとトンボさんが結婚!

    次巻は最終巻。
    今回から15年後ってことだから、キキ35歳の物語になるらしい・・・

    ----------------
    【内容(「BOOK」データベースより)】
    花の季節を迎えたコリコの町。19歳になったキキは、十代最後の年、二十代に繋がる何か…予感みたいなものがないかしら…と思いながら、日々を過ごしている。相変わらず、とんぼさんとの文通は続いており、直接会えないことにちょっぴり不満。そんな折、ずっと相棒だと思っていたジジにも、小さい白い猫の恋人ができる。だんだんとひとりで届け物に出かけることが多くなったキキは、初めての経験に不安が募るが…。
    ————————
    【目次】
    はじめに
    1 モンシロチョウ
    2 六月のベール
    3 海のかぎ
    4 コマコマ屋さん
    5 ほうきに おまかせ
    6 ジジがかわった
    7 ファッションショー
    8 魔法のとまり木
    9 まんまるの気持ち
    ----------------

  • 魔女の力が弱ってしまったのか、ジジと会話できなくなったり、ほうきであまり飛べなくなったり、大人になるのに、最大の試練も出てきたりしたけれど、一つ一つ乗り切っていくキキは、すごいなと思う。ジジの恋、とんぼさんとの恋も上手くいき、とんぼさんとどのような家庭を気づくのか楽しみです。
    それにしても、恋する女の子ならではの気持ちの変化も合わせて、キキってこんなにおてんばさんだったんだと思いました。

著者プロフィール

角野 栄子(かどの えいこ、本名 渡辺栄子)
1935年生まれ。早稲田大学教育学部英語英文学科卒業後、紀伊國屋書店出版部に勤務し、結婚して退職。1960年、25歳の時に自費移民としてブラジルに2年間滞在。早大時代の恩師、アメリカ文学研究者龍口直太郎の勧めによって、ブラジル体験をもとに描いたノンフィクション『ルイジンニョ少年、ブラジルをたずねて』で作家デビュー。それから7年かけて、絵本・童話の創作も始めた。
産経児童出版文化賞、路傍の石文学賞、旺文社児童文学賞、野間児童文芸賞、小学館文学賞、巌谷小波文芸賞、東燃ゼネラル児童文学賞、IBBYオナーリスト文学賞など多数の受賞歴がある。紫綬褒章、旭日小綬章を受章。
2018年、「児童文学のノーベル賞」「小さなノーベル賞」と評される国際アンデルセン賞作家賞を受賞。代表作の『魔女の宅急便』シリーズ、『トンネルの森1945』が受賞声明で言及されていた。

角野栄子の作品

ツイートする