春日坂高校漫画研究部 第1号 弱小文化部に幸あれ! (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : ヤマコ 
  • 角川書店
3.73
  • (6)
  • (6)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 72
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041011034

作品紹介・あらすじ

春日坂高校漫画研究部に所属するリホコは、恋もオシャレも無関心の二次元大好きっ子。しかし突然現れたリア充ボーイズのせいで、静かな日常が一気に騒がしくなり!? 胸キュン必至のドタバタ青春ラブコメディ!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • H29年度イベント「ブックリンク~本でつながる心と心~」で、中学生が紹介してくれた本です。

  • 主人公がさっぱりとした性格で、面白かったです。漫研消滅の危機など、青春ものとしても楽しく読めました。

  • ハーレムものは漫画でもゲームでもあまり面白いと思えないのですが、これはなんか主人公が強くて共感持てた。
    なにも考えずに楽しく読めて良い。

  • 3巻目まで読了。
    主人公はオタク女子ですが、サバサバした子で良い感じ。
    様々なタイプのイケメンと知り合い友達になって行くのも楽しいです。
    全体的に乙女ゲームの共通ルートみたいな印象。

  • まずはとにかく岩迫くんのキャラと五味のキャラが好き。
    話もたんたんと進んでいって読みやすかった
    最後は一歩踏み出したところでおわって続きがものすごく気になる
    岩迫くんとりほこが付き合ったりはしないんだろうか?

  • 最後はちょっと感動した。あと岩迫くん萌えーやっぱり本命はこいつだ。第二巻楽しみ。

  • オタクの彼女を批判する人の言葉にも毅然として立ち向かってくれるという、オタク妄想てんこ盛りにしつつ、そんな彼らに想いをよせることもなく、一歩引いて観察眼的に見てしまう漫研女子…

    ローティーン向け。
    腐女子の漫研だが、腐った臭いはしない。しかし、青春ものらしく、かなり青臭くさくて、その言葉を素直に受け取れる読者と、鼻につく読者とに別れそう。
    この巻は『ラブコメ!!』の部分のラブは無し。
    そして、なぜここで、終わる…
    ともかく、岩迫と仲直りできるといいね。
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-3417.html

  • 一晩で読了。あっさりしていてすぐに読み終わりました。
    あんまりケータイ小説らしくなく、文化創作部の件よかったです。なんか勇気をもらいました。

  • なんか兄のイラストが微妙なんで星3つ〜

全11件中 1 - 10件を表示

プロフィール

大阪府在住。会社員。WEB小説投稿サイトにて「春日坂高校漫画研究部」を掲載。同作品で小説家デビュー。

春日坂高校漫画研究部 第1号 弱小文化部に幸あれ! (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

あずまの章の作品

春日坂高校漫画研究部 第1号 弱小文化部に幸あれ! (角川ビーンズ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする