新装版 ロードス島戦記 2 炎の魔神 (角川スニーカー文庫)

著者 : 水野良
制作 : BronzeEYE STUDIO  出渕 裕 
  • 角川書店 (2013年11月30日発売)
3.92
  • (6)
  • (12)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :77
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (342ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041011140

作品紹介

英雄戦争から二年。パーンとディードリットは魔女カーラの行方を追って旅を続けていた。強力な魔法を操る者がいると噂を聞き、砂漠の国フレイムを訪れたふたりに、砂漠の蛮族と炎の魔神の脅威が襲いかかる!

新装版 ロードス島戦記 2 炎の魔神 (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昔買って読んでるにもかかわらずついつい新装版を買ってしまったけれど、その中で一番好きなのがこの2巻です。
    1巻に続いてカーラを追っかけてはいるものの、内容は信仰と部族間の抗争、砂漠の生活と戦闘、他の巻より地味ですがちょっと違う、厳しく悲しい巻じゃないかなと思います。でも、それがいいんですよね。

  • 前巻から2年。パーティが少々変わっても面白さは変わらず。その2年の間にパーンとディードリットの関係もいい感じになってきました。
    文体と挿絵が当時のままみたいだけどさほど古臭さは感じず読みやすい印象です。こういう重厚感はなかなかないよねぇ。

  • いま読んでも全然古く感じない。王道。

  • ディードリットはかわいいなぁ

  • 第2巻を読破。

    前回の事件から2年が経過。

    パーンはディートリットとともにロードス島中を旅していて。

    彼が捜しているのは、前回のラストで姿を消してしまった仲間――ウッド・チャック。

    彼はカーラの魂が入った飾りを持って行ってしまったため、第1巻の黒幕だったカーラはどこかで生きている。

    カーラは世界のバランスを保つため、いろいろ画策しては戦争や争いの火種を仕込んで。

    そしてなによりパーンの仲間・ドワーフのギムを殺した存在。

    でも作中でパーンがウッド・チャックの時間について触れていて、あ、そういう考え方もあるのか……と目から鱗。

    パーンはカーラの情報を得るために、いつくもの戦場を渡り歩いて。

    今回の舞台はカシュー王が統治するフレイム王国。

    そこは長きに渡り、風の部族と火の部族が争っているところで。

    プロローグを読んだときは「カーラじゃない?」って思っていました。

    が、途中で「あ、ウッド・チャックが持って行ったんだから、カーラは今、女の人じゃないんだわ」って気づきました(;^-^)

    じゃあプロローグの人はウッド・チャックなんだろうな……。

    とか思いつつ、またまた途中であれ? ってなって。

    結局まんまと引っ掛かってしまいました。



    今回の件でもパーンの仲間となった人が死んでしまったり、ある女性が犠牲になったりという展開があって。

    そのたびにパーンは悩んでしまうんですよね。

    そうやって一歩ずつ前へ進んで行って。

    傍らにはパーンのあめに永遠の命をかけてしまえるエルフの娘――ディートリットがいて。

    独りではないのだ、ってことを教えてくれますね。

    おもしろかったです。

    神話の謎かけに仕掛けられた展開とかね!

    読んでいて「おおー!」ってなりました。

    次も楽しみです(*´▽`)

  • この巻から面白くなる。ディードリットとパーンの関係がベタだが可愛い。それぞれのキャラを丁寧に描いているのと、パーンが成長してカッコよく主人公の風格がでてきたからストレスなく読めるようになった。しかし、ナルディア。そうか死んじゃうんだっけ。

  • 中学生のころには気付かなかったディードの可愛さに気付いたw
    あのころはどうしても「年上のお姉さん」という気がして、好みの対象じゃなかったんだよね。
    今15年ぶりに読んでみたら、いいじゃん、ディードリット。

    作品の感想としては、解説で賀東招二が書いてくれてる。
    「よりライトな、はっちゃけたファンタジー作品がどんどん出てきてげんなりした気分になっていた自分にとっては、ロードスを読むと実家に帰ってきたような安堵を覚えるようになってきた。ああ、いいなあ、ロードス。」

    そういえば今回は大幅な加筆はなかったかな?

  •  『2013年 12月 1日 初版 発行』版、読了。


     前巻より二年後の話。…のわりには、前巻の結びから状況もキャラの成長も大きく変化ナシな印象でした。正直、二年じゃなく二ヶ月ぐらいで良かったんじゃあ…なんて、思ったり。


     あいかわらず文体にクセがあり、慣れないと読みづらかったです。巻末には、作者のあとがきがありますが、これは元版のものを転用しただけで、この新装版用に新たに書き下ろした内容ではないため、正直ビミョーでした。

     むしろ解説のほうが、まだ好印象です。

     そして、物語の中心である「カーラをめぐる冒険」に進展はあまりなく、前巻で登場したカシュー王と、その王国の内乱の話が中心です。

     当の主人公はといえば、新たなパーティのもと、内乱を治めるべく独自にその解決策をつかむため、ディードリットや他の新たな仲間とともに旅に出るわけですが…読了してみると、実はそんなに活躍してる印象がない一冊でした。

     むしろパーティメンバーの活躍の方が中心で、主人公の行動の危うさが予測できるので、しょうがないから主人公の目指す解決策を手伝ってやる…といった、印象が強かったです。


     今回、エトの出番は名前こそ登場すれども一切なく、反面、スレインとレイリアが中盤以降パーティメンバーとして活躍。前巻のパーティの懐かしさがありました。

     読了してみると、次巻も読んでみたくなるのは、この作品の魅力なんだろうなあと思ったり。

     今回も表紙絵以外は、全部当時のものな様子。しかも、表紙絵すら、当時の挿絵担当さんでなくなり、一体何を持って新装版なのか、迷走気味に感じました。

  • この巻は加筆…大幅なのはなかったんじゃ?読み比べてないからちゃんとはわからないけど。

全9件中 1 - 9件を表示

新装版 ロードス島戦記 2 炎の魔神 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

水野良の作品

新装版 ロードス島戦記 2 炎の魔神 (角川スニーカー文庫)はこんな本です

新装版 ロードス島戦記 2 炎の魔神 (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする