通りゃんせ (角川文庫)

著者 : 宇江佐真理
制作 : 村田 涼平 
  • KADOKAWA/角川書店 (2013年12月25日発売)
3.09
  • (4)
  • (8)
  • (21)
  • (8)
  • (2)
  • 116人登録
  • 14レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (389ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041011409

作品紹介

25歳のサラリーマン・大森連は小仏峠の滝で気を失い、天明6年の武蔵国青畑村にタイムスリップ。驚きつつも懸命に生き抜こうとする連と村人たちを飢饉が襲い……時代を超えた感動の歴史長編!

通りゃんせ (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白いけど、なんか残念なところもたくさん。
    出来過ぎな面と最後がドタバタ急ぎすぎなのと…。
    あと、「何だろう」を「何んだろう」っていう表現なのが違和感を感じで気持ち悪かった。
    その辺に目を瞑れば、面白い話だと思う。

  • 20170319読

  • 江戸時代へのタイムスリップものですが、行きついた先が 農村というあまりない設定です。 しかも、天明の大飢饉の年。過酷な農村の実態を目の当たりにしながら現代に戻る望みを捨てずに必死で生きる主人公の姿勢には好感は持てたけど、後半のさなさんのあたりの主人公には納得がいかなかったです。太助が戻ってきたことにも。
    現代の生活があるのはこうやって身を粉にして働いてきた人々のおかげなのですね。

  • 総じて、面白かったですが…

    最後、現代に戻ってこられてからの展開が、
    急に終わってしまったという感じで、
    もう少し文字数・枚数を尽くして…、
    例えば、主人公が実家に電話を入れるとか…の場面があっても
    良かったんじゃないか?と、思う。。。

  • この作品は宇江佐作品の異色タイムスリップものである。現代社会の若者が、江戸の天明時代に行ってしまうという設定。でもなんか、そんな小技使うのは勿体ない気がする。不作と飢饉の時代の百姓の苦悩を描くという、それだけでも宇江佐さんにしては異色の設定なんだから、そこだけに特化しても良かったんじゃないかと思う。

    無理くり「豊かに見える現代社会への警鐘」みたいな説教臭さを前面に押し出さなくても良かったんじゃないか?いつもの市井人情ものを読めば、説教臭くなくそういう部分は共感できるわけだし、かえって伝えたいテーマが上滑りしてるような気がして残念。

    ただもっともっと残念なのは、「今後の作品に期待」って言いたいけど、今後の作品は残り少ないってこと。もうあるだけ、出てるだけ、原稿残ってるだけしか読めないんだから、これから読む宇江佐作品は全部満点星つけたい。別にプロの書評家やないんやしエエかなと思いつつ…

  • 終盤の落としどころは、まぁ仕方ないかという感じではあるけれど、途中は面白い。後半は連載だったから仕方ないだろうけどバタバタした感じ。スイスイページをめくれる。

  • 過去にタイムスリップする物語は多いけど,なぜか主人公が歴史音痴っていうのが定番.だけど本作はその点が違ったので新鮮でした.本を通していかに恵まれた境遇にいるのかを実感することも有意義だなと思う.最後は宇江佐さんらしい結末でほっこり&満足.
    以下あらすじ(背表紙より)
    平凡な25歳のサラリーマン、大森連はツーリングに出かけた先で道に迷い、滝の裏に落ちてしまう。目覚めると、そこはなんと天明6年の武蔵国中郡青畑村―!?時次郎とさな兄妹の許に身を寄せ、川の氾濫や重い年貢が招く貧困等、江戸の過酷な現実を目の当りにしていく連。天明の大飢饉のさなか、村の庄屋が殺害される事件が起こり、連は思い悩みながらも自らの運命を切り拓いてゆく―。感動の長編時代小説!

  • 25歳の平凡な青年が江戸時代の農村にタイムスリップするという、宇江佐作品の中では異色の長編時代小説。
    青年の視点で語られる贅沢と退廃に満ちた生活。一方で江戸時代での生活を礼讚する訳ではなく、特に飢饉を迎えて農民が鬼畜の如く変貌するさまは恐怖を覚える。このあたりのバランス加減が、宇江佐さんの巧さを感じる。
    気になっていた「さな」の出来事も、ラストで納得。普段、時代小説を読まない人にもお薦めできる作品である。

  • 面白かった。小説として、多分面白かったと思う。読んでいる最中は食べ物を粗末にしてはいけないと心底思ったほど、話の展開にのめり込んだから。だけどSF的な内容が顕著になり始めた時、妙に冷めてしまった。
    話としての面白さよりも、「自分が求めている宇江佐真理の描く時代小説」とずれている部分に、どうしてもついていけなかった。

  • とても読みやすい物語ですが、いきなり現れた状態の主人公に対して村人がとても親切だったり、飢饉が起きる状態の時に上手い事主人公は不在だったりして、大変さや辛さの描写がほとんどないせいか、物語が薄っぺらく見える。ラストも自分勝手に思えました。

全14件中 1 - 10件を表示

通りゃんせ (角川文庫)のその他の作品

通りゃんせ 単行本 通りゃんせ 宇江佐真理
通りゃんせ (角川文庫) Kindle版 通りゃんせ (角川文庫) 宇江佐真理

宇江佐真理の作品

通りゃんせ (角川文庫)はこんな本です

ツイートする