冬ごもり 時代小説アンソロジー (角川文庫)

制作 : 縄田 一男  村田 涼平 
  • KADOKAWA/角川書店
3.36
  • (0)
  • (7)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041011447

作品紹介・あらすじ

本所の蕎麦屋に、正月四日、毎年のように来る客。彼の腕にはある彫りものが……/「正月四日の客」池波正太郎ほか、宮部みゆき、松本清張など人気作家がそろい踏み!冬がテーマの時代小説アンソロジー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 毎年決まって正月四日、本所の蕎麦屋に来るお客の腕にはある彫ものがあって…。(池波正太郎「正月四日の客」) 新川の酒問屋で神棚から出火。火元の注連縄には、なぜかこよりに包んだ髪が隠されていた。そこに秘められた母子の悲しい思い出とは?(宮部みゆき「鬼子母火」) など、人気作家6名による「冬」を舞台にした時代小説アンソロジーです。

  • 池波正太郎『正月四日』
    宮部みゆき『鬼子母火』
    松本清張『甲府在番』
    南原幹雄『留場の五郎次』
    宇江佐真理『出奔』
    山本一力『永代橋帰帆』

  • 屋久島の旅の帰りに鹿児島空港で購入した一冊。
    時代小説アンソロジー、そして冬。池波さんの「正月四日の客」は何度か読んでいるので、でもイイんだな。
    宮部みゆき氏の「鬼子母火」は鳥肌です。
    6編どれもイイ、震える短編です。電車の移動時間でも、家のソファに寝転んでも楽しめますよ。

  • 冬をテーマにした時代小説のアンソロジーだ。
    すでに鬼籍に入っている作家もいて、新作書き下ろしというわけではなく今まで発表された作品の「いいとこどり」となっている。
    時代小説というと偏った作者のものしか読んだことがなかったので幅が広がるかなと思って手に取ったが、好きな作家のものは既読であっても面白く、なじみがない作家のものはそれなりに、という印象になってしまった。
    よく読む作家ではあまりない手法だったから驚いたのが、歴史的に残ってる文書から空想を膨らませて書いた短編が複数あったこと。定番なんだろうか。

  • アンソロジーなので、なんとなくサクッと読めそうな気がしていたのですが、なかなか重厚な感じでした~。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1923年東京浅草生まれ。60年「錯乱」で直木賞受賞。77年「鬼兵犯科帳」「剣客商売」「仕掛人藤枝梅安」の三シリーズで吉川英治文学賞を受賞した。90年没。

「2017年 『西郷隆盛 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池波正太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
宮下 奈都
宮部みゆき
湊 かなえ
三浦 しをん
宮部 みゆき
宮部 みゆき
湊 かなえ
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする