新装版 ロードス島戦記 5 王たちの聖戦 (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : BronzeEYE STUDIO  出渕 裕  矢立肇・富野由悠季 
  • KADOKAWA/角川書店
3.68
  • (2)
  • (9)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 62
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (394ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041011492

作品紹介・あらすじ

カシュー王に「アラニア王になれ」と焚きつけられたパーンは、王の資質について悩みながら混乱の極みにあるロードス南部に向かう。そして戦乱の渦中にある三つの王国で王たちの戦いを目の当たりにする!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 転章。パーンはまだまだ強くなる…

  • またもや解説に共感してしまった。

    「読者はこの第5巻でわが身のごとく悩むことでしょう。何しろパーンが身近な戦士に留まるか、それとも遠い立場である王となるかの選択を迫られるからです。」
    「ぼくはパーンに対するあこがれが強かったので、はっきり言ってしまえば、王様になってくれ!と切に願いました。」

    とムシウタの岩井恭平。
    私も昔は王になってほしいと願っており、しかし今ならパーンの考えも理解できる。
    大人になったな、自分。
    と、自分の成長を確認させてくれる物語。ロードス島戦記。

  • パーンが国王になるかどうかの選択を迫られる第5巻。いい王たちに囲まれているパーンだけに早く国王になっちゃいなよ、と。
    そんなこんなでロードス島も最終部に突入。この新装版も残すところラスト2巻です!

  • ボリュームは十分だが、3つの話が特に繋がりもなくあるだけなので少し物足りなかった。世界観も広がって、キャラクターも増えて、3冊にすることもできそうな内容なのに、どれもサクッと終わってしまってもったいない。(シリーズ全体の冊数が少ないのは読みやすくて助かるけど…)
    パーンの"いろんな所に首突っ込んで無双する感じ"が嫌いじゃないので、彼の選択は嬉しかった。戦記ものらしい面白さと、パーン達の目線でしか見えない面白さを両方楽しみたい。
    あと気になったのは表紙。カッコいいけど、この巻の内容とあまり合っていないような…?女の人(エルフ?)出てきてた??

  • _('ω' 」 )_

  • どこが旧版と違うのか、もはや分からなくなってきた。

全6件中 1 - 6件を表示

新装版 ロードス島戦記 5 王たちの聖戦 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

水野良の作品

新装版 ロードス島戦記 5 王たちの聖戦 (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする