迷える羊と嘘つき狼 (角川ルビー文庫)

著者 : 成宮ゆり
制作 : ヤマダ サクラコ 
  • KADOKAWA/角川書店 (2013年12月28日発売)
3.58
  • (4)
  • (11)
  • (8)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :66
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041011560

作品紹介

15年前に恋に落ちた近所のお兄さん・高梨を想い続けるあまり、すっかりストーカー行為が板についてしまった菱守。ある日ひょんなことから高梨と急接近、思わず盗撮カメラを仕掛けようとしたけれどもバレてしまい!

迷える羊と嘘つき狼 (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 真面目な金属加工技術者・理央×エリートなストーカー・世宗。ストーカーに財力があると凄いな… と思った。世宗は仕事ができてシビアな面ももつエリートなのに理央の前だとポロポロと可愛さが出てきて、相当な事をやってるのに許せちゃうんですよねw 理央が受け入れてくれた後からはもうホント可愛かったです。脇の運転手・柳野さんがとてもいい人で、メール返信の助言が素晴らしかったです(笑) SSは攻視点。

  • てっきり年下攻めやと思ってたのにいぃぃ(T0T)名前からして攻めが理央リオウ、受けがトキムネてのに終始慣れず…。落ちたテンションはしばらく戻らなかった(笑)

    受けは15年越の片想いで、収集癖のあるストーカーなお坊ちゃん。か…わいい…か?という微妙なラインで残念(>_<)

  • 超ハイスペックだけどストーカー(かれこれ15年)
    視点(受)という、変わった趣向の話w
    変態ちっくなんかな?と思いきや、なかなかに切なくもなれる面白い話でした。ストーカーといっても、性的な感じじゃなくアイドルの追っかけ寄りなので読みやすかったです。

  • わたしの嫌いな収集癖のあるストーカーものだったのですが・・・可愛かった!!
    ストーカー受でした。ストーカーっていうか、ファンだね。しかも金持ちなので、際限ない。
    何年も好きなのに内気で仕事でしか接点がなく、攻の妹から使用済み紙コップを万札はたいて買ったりしていやものの、とうとう「どうしてもあのひとの裸が見たい」・・・とまで追いつめられた受が一大決心で隠しカメラを仕込んでバレてしまい・・・。

    本来なら気持ち悪いと嫌悪しそうな設定なのに、受があまりに純真なアイドルのオッカケのように自分ルールを強いている為、なんだかいじらしくて笑えてきました。
    攻の、受の収集癖をやめさせるための甘い取引も可愛くてニヤニヤです。

  • 面白かったー!世宗の15年に渡るストーカーっぷりがおかしすぎる(笑)でも、使用済みな物は集めても疚しいことには使わないとかギリギリの一線は越えてなかったりとか、ちゃんと罪悪感感じてるのがなんかいじらしい(笑)理央のことになると常にネガティブ思考で本人目の前にするとあたふたするのも可愛い~。世宗がストーカーしてたの理央が気付いてたのはやっぱりって感じ。腹黒狼な理央視点のお話もっと読みたかったな~wあと、妹がめっちゃうざかった!

  • 面白かったですね。 まぁなんてすごいストーカーでしょう。 お金持ちのストーカーって考えるとすごいですね。どんなけ好きなんだよ!って感じですけれど、 やっぱり可愛いかったですね。 理央もかっこいいですね!理央視点最高でした♪

  • ストーカーかわいい。こわいけど(笑)

  • お金にモノを言わせてストーカーしていた受のやることがかなりヤバイ感じなのにそんなに不快感はありませんでした。一応本人にも自覚があり、やるのはここまでという線引きがあるので、そのへんは良かったです。

  • 可愛いストーカーだった。
    が、現実にいたらやはりコワイかも。

全9件中 1 - 9件を表示

迷える羊と嘘つき狼 (角川ルビー文庫)のその他の作品

成宮ゆりの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

迷える羊と嘘つき狼 (角川ルビー文庫)はこんな本です

ツイートする