へっぽこ鬼日記 (角川ビーンズ文庫)

著者 :
制作 : 伊藤 明十 
  • KADOKAWA/角川書店
3.45
  • (4)
  • (9)
  • (12)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :80
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041011584

作品紹介・あらすじ

藤見恭、基本ダラケた学生。が、自動販売機のボタン押したら異世界トリップ!?しかも、俺、鬼なの!?チキンな俺をドSな主と勘違いしてやる気満々の従者君、俺を何と戦わす気!?ブッ飛びバトルコメディ、見参!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読みやすいです。まだまだ導入。続きがたのしみ。

  • 自動販売機でコーヒーを買おうとしただけなのに
    まったく違う景色の中、違う服を着て立っていた。

    本人の目線で語り、それ以外は三人称。
    本人と周囲のギャップが楽しいですが
    それ以上に楽しいのが…従者。
    笑顔ですごい事してますし、やってます。
    これは間近でみたら怖い以外の何物でも…。

    ものすごい濃い家族関係に、従者関係。
    会話に突っ込みたい事が満載ですが
    物語は、複線いっぱい、わくわくいっぱい。
    戦闘シーンも結構ありますし、読み応え十分。
    ついでに猫が可愛い!!w

  • WEBで連載中に読んでいた作品。
    ネット小説を読まなくなってから久しく、存在をすっかり忘れていたけれど、当時一番更新を楽しみにしてた作品でした。
    書籍化されてて驚いたけど、やっぱり面白かった。だいぶ改編されてるような気がするけど、うろ覚えすぎて定かじゃないなぁ。

  • 深夜に自動販売機のボタンを押したら異世界に…ていう異世界トリップものなのだけど、主人公の恭が落ちつきすぎててどうなのかと…。冷静すぎだし、馴染むの早すぎ。どの辺がヘタレでチキンなのかわからない。むしろ図太いし、とても度胸あると思うのだけど。

  • 結構面白かった。
    『ジュディハピ!』も一応目を通して面白いとは欠片も思えなかったんだけど、こっちの方が私の好み。
    しかし、私が面白いと思うものは、あまり評価が高くなさそうなのはいつものことか……?

  • 2巻ありきな内容。そして、女っ気全く無し!もう全然ないとか(ヾノ・ω・`)ナイナイ。続きはなぁ、新刊では買わないだろうなぁ。白仔猫は可愛いんだけどね。

  • 【別置/請求記号】 B/913.6/タ 
    【資料ID】 1001012043 

  • web版とかなり違ってて面白かった。
    東条の城へ向かうまで。

全8件中 1 - 8件を表示

へっぽこ鬼日記 (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

田中莎月の作品

ツイートする