からまる (角川文庫)

著者 : 千早茜
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年1月25日発売)
3.87
  • (23)
  • (35)
  • (25)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :281
  • レビュー :38
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041011720

作品紹介

生きる目的を見出せない公務員の男、自堕落な生活に悩む女子大生、そして、クラスで孤立する少年……。注目の島清恋愛文学賞作家が“いま”を生きる7人の男女を描いた、7つの連作集。

からまる (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あっという間に読み切った。ぐいぐいと引き込まれた。パズルのピースがパチッパチッとはまっていくような構成になっている。
    登場人物たちは薄い関係を保つことを生きるうえで選択している人たちばかりだ。作中の文章を
    引用する。
    「ぶつかれば勝つか負けるしかない。器用に立ち回っていれば、勝ちも負けもしない。とても平和だ。」
    自分のことだけ考えるのは楽だ。独りでいることに慣れれば、そこはもう最高のオアシス。それを悪いことだとは思わない。しかし、僕はどちらかというと逆のタイプの人間、つまり数は少なくていいけれども、その人たちとガツガツやりたい(自分をさらけ出すってこと)ので、作中の登場人物たちを見ると、なんかやるせない感じになる。しかし、この小説では、それぞれ抱えている事情は異なるけれども、自分の殻を破り、一歩先に踏み出していく様が描かれている。読後に清々しさを感じた。
    いろんな生き方あると思うが、傷つけ合ってもいいから、自分以外の誰かと関わっていたほうが人生楽しいかもしれない。

  • 連作短編集・・・になるのでしょうか。
    あの話に出て来た人が、別の話の語り手になり・・・という具合に、重なりあうけれども、それぞれ独立した、7つの作品たち。

    そして、そこに絡まるのは、互いの登場人物たちだけではなく、無脊椎動物たち。

    人は、何処かで絡まり合っているから、生きていけるのかもしれないですね。

  • 人はみんな不器用で、自分の本心を隠して、ごまかして。だから心がぐちゃぐちゃに絡まって。
    でもそれは、ほんの少しの素直さでまっすぐになって、絡まるように紡いでいけるんだと思った。

  • 初千早さんの本。男女それぞれを描く連作短編集。夢中で読み通した。一つ短編を読むたびに、最初の短編の読み方が変わる。きっとみんなにこやかにクールに見えても、内心は孤独や狂おしい火を抱いているのだ。
    紡がれる言葉は繊細で甘美。
    綺麗なふわふわしただけの本ではなく、内容も言葉も満ちていて良かった。

  • 短編連作は個人的に大好物なので、採点甘めです。

  • 2017.6.9読了

  • それぞれが独立した短編になっているけれど、同じ登場人物達が描かれていて、読み進めていくうちにその人達のことをより理解できるようになっています。
    自分で思っている自分と外から見た自分
    そんな感じ。
    私は、自分は孤独だ、っていう気持ちを捨てられないでいるのだけれど、誰もがみなそんな思いをどこかに抱えつつ、周りの人に救われながら生きているのかもな。
    どのお話も良かったけど、私は『からまる』と『ひかりを』が特に好きでした。

  • とってもからまっていた。

    最初と最後の話がよかった。
    私の脳内でとってもきれいな人として映像化された。

  • たえさんのカバー魅力的!千早先生の描写も読者の感官共鳴を強く引き起こしてて、何だか微醺の後味がするんだよね~

  • 心に重荷を抱えながらも、今を懸命に生きていく七人の男女を描く連作短編集。複雑に絡み合う人間模様だが、平仮名タイトルが美しく、爽やかな読後感を残す。
    生きていくことは辛いことが多い。登場人物たちも哀しみを抱えながら日々を誰かに寄り添って過ごしている。将来に過大な価値は求めず、でも地に足をしっかりと着けている彼らにとても好感を持つ。個人的には第三話の係長のストーリーが印象的。

全38件中 1 - 10件を表示

からまる (角川文庫)のその他の作品

からまる 単行本 からまる 千早茜
からまる (角川文庫) Kindle版 からまる (角川文庫) 千早茜

千早茜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

からまる (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする