今日からマ王! カロリア編 II (角川文庫)

著者 :
制作 : 六七質 
  • KADOKAWA/角川書店
3.85
  • (3)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 63
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (481ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041011782

作品紹介・あらすじ

高校生魔王、カロリアに立つ! 生き別れた名付親との最悪の再会の結末は!?「天にマのつく雪が舞う!」「地にはマのつく星が降る!」の2本を収録した大ボリューム文庫版!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前作から続いたカロリア編完結。
    村田は前にコンラートがジュリアの魂を持っていたときに世話になった、アメリカの地球の魔族が持っていた魂の生まれ変わり。なんと大賢者だった。

    禁忌の箱も無事に持ち出せたし、カロリアの独立も果たし、そんなところでUターン。
    今後コンラートがどう動くのか、地の果ての箱はどうするのか、まだまだ続きそう。

  • なんのかんので長編終了
    これで終わりじゃないよね?

    続きがあったとして、買うかなぁ?
    微妙なところだ

  • 【再読】途中で何冊も他の本を挟んでいるのを差し引いても読了までにひと月……。やっぱり図書館本じゃないとゆっくりのんびりになってしまうな。それだけの理由でもないけど。
    マ王はとても好きな作品でビーンズ版持ってるのにこの文庫版を購入する位なのに、原作も文庫も停止期間長いと待つのがツラくなる。唯一続いているコミックスの購入の手を止めてしまう程に。早く原作の続きをお願いします! 冷めてしまわないうちに……!
    で、そんなマ王なので大まかな流れは覚えてたけど、細かい部分は忘れてた。大鍋から地球帰還とか。
    コン様の無事な姿が見れたけど自分の意志でユーリの傍を離れ敵国へ。不穏。アー様の態度が180度変わって惚れ直したり、ダイケンジャーがパーティーに加わったり。天マ地マ2冊でドドーンと盛りだくさん。ちょいちょい入るギャグにも思わず吹いたり。やっぱりマ王の世界が好きみたいだ。

  • カロリア編ラスト。コンラッドが気になってあんまり他の話が入ってきません。コンラッドー!!ヴォルフが成長しちゃってかっこよくなっちゃってもう大変。こんなに頼りにな る子だったっけ。

  • やっぱり、このカロリア編くらいの長さの方が波乱万丈あって面白いと思う。Tぞうも可愛いし(笑)
    アニメのビジュアルも何となく覚えているんだけど、それよりなにより、「ンモォシカシテェ~~」って鳴き声が最高に可愛い(笑)
    「エンギワルー!」のインパクトも相当だったけど、本当に作者はどういう発想で思いついてるんだろう。。。

  • ウェラー卿のことがすんごく気になる終わり方。
    前々から思ってたけど、ツェリ様みたいな人、素敵だなー

全6件中 1 - 6件を表示

今日からマ王! カロリア編 II (角川文庫)のその他の作品

喬林知の作品

今日からマ王! カロリア編 II (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする