吉原代筆人 雪乃 一 色もよう (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
2.75
  • (0)
  • (2)
  • (12)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 42
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041011799

作品紹介・あらすじ

吉原で読み書きのできない遊女にかわって文を綴る代筆屋を営む雪乃。持ち込まれる文の因縁を図らずも解く内に雪乃の秘密も少しずつ明らかになっていく。人情、色恋、謎解き全てが詰まった傑作時代小説登場!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 遊女たちの恋物語。
    主人公が代筆屋なので、外側から遊女たちを見てる感じになっていて、物語はさらりとしています。
    連作短編であまり深い所まで描かれていないためか、遊女というより普通の女性の恋という雰囲気が強いです。

  • 遊女達が大事なお客に渡す手紙の代筆。こんな仕事もあったんだ。吉原の中と外の暮らしが見えてくる一冊。

  • 文字を書けない遊女たちに変わって手紙を書く仕事をしている雪乃。
    まだ一巻目なので雪乃自体謎が多いのですが
    これから面白くなってきそう。

    ただ吉原を舞台にした小説って、あまり代わり映えしないので
    少しマンネリ気味。

  • 謎多き物語の始まり
    婚礼の日に付け火?で全てを失った札差の娘雪乃、変な切っ掛けと才能で吉原の代筆人に
    本人の謎とは別に、奥で進行する色々な話、極めつけは家斉側室のお美代の方(双子?の一方が吉原から、毒殺された身代わりに)

  • 遊女の手紙を綴る代筆屋を手伝う雪乃は手紙がもたらす様々な事件に巻き込まれていく。シリーズの幕開け。

全5件中 1 - 5件を表示

吉原代筆人 雪乃 一 色もよう (角川文庫)のその他の作品

高山由紀子の作品

ツイートする