確率捜査官 御子柴岳人 密室のゲーム (角川文庫)

著者 :
制作 : カズアキ 
  • KADOKAWA/角川書店
3.39
  • (33)
  • (69)
  • (104)
  • (26)
  • (8)
本棚登録 : 878
レビュー : 75
  • Amazon.co.jp ・本 (365ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041011867

作品紹介・あらすじ

世田町署、薄暗い地下一階の廊下の突きあたりにある《警視庁捜査一課特殊取調対策班》。イケメン毒舌天然数学者御子柴岳人がクールで鮮烈、華麗な推理で容疑者の心理に迫る、前代未聞の取調エンタメ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • つまらないので途中で読むのをやめた

  • 御子柴のどこまでも突き抜けたマイペースぶりがめちゃくちゃカッコよく見える。
    新米女刑事・新妻友紀のまっすぐで融通のきかない不器用なところもいい。
    「警察官はこうあるべきだ!」的な考え方も新人らしく、まっとうな警察官に見える。
    御子柴と友紀のやり取りもテンポよく、小道具の使い方も上手いなぁと。
    たびたび登場する「チュッパチャプス」といい「ミケランジェロ」で、御子柴のキャラクターがよく伝わってくる。
    「特殊取調対策班」に推薦してくれたのは先輩刑事・津山だった。
    そこで出会った御子柴、新妻、そして権野。
    チームとしてのバランスがとれているし、何よりも無理やりな展開をさせていないところがいい。
    御子柴と友紀を自由にさせている権野の存在感もあなどれない。
    もっとも、途中から犯人は簡単にわかってしまうので本格ミステリーが好きな人には向かないかもしれない。
    ライト感覚でミステリーを楽しめる。
    そんな手軽な一冊だった。

  • ゲーム理論やベイズ推定なと高度な数学を用いて事件を解決に導く確率捜査官 御子柴岳人。
    新米女性刑事の新妻友紀とのデコボココンビは、真相に近づけるのか?
    ほとんどが取調室のやり取りで進むミステリー。
    最後のあっと言うどんでん返しも見ものです。

  • 正直、あまり面白いと思えませんでした。数学の専門家が捜査員として加わるのはよいのですが、そのキャラ設定が残念というか何というか…数学は驚異的に得意だけど諺を全く知らないとか、数学的知識はみんなが共有していて然るべきと言いたげな態度とか、数学できる人は人間性に問題があると思われかねません。他にも色々突っ込みどころがあって、安心して読み進むことができませんでした。数学を使って解決する作品なら「浜村渚」シリーズの方が、苦手意識を払拭したい意図がある分読みやすいですし、専門家が捜査に加わる話としては、「経済学捜査員」シリーズの方が読んでいて楽しかったです。

  • うーん。

    真相が序盤で読めてしまう。
    キャラクターも個性があるようで、既視感が否めない。
    描写も際立った特異性はない。
    ワクワクもドキドキもしない。

    評価できるのは読みづらい文章ではない、ということくらいか……。

  • 久しぶりに見事な表紙サギにあった一品。
    あらすじと表紙は本当によかった。
    しかし中身は何から何まで中途半端。推理ものとしても、キャラを楽しむという意味でも。
    「確率捜査官」というから、ひたすら細かい事柄で確率を並べていって論理パズルのように犯人を導き出すのかと思いきや、大したことを言わないぞ捜査官。
    これでもキャラが魅力的ならばもう少しどうにかなるものを、「こういうギャップが女子は好きなんだろ」と自慢げに胸を張ってる印象を受けた上に何か勘違いしている感じ。キャラがぶれぶれで「二重人格!?」と思いました。毒舌の冴えわたるイケメンが唐突に「ーだもん!」とか言っても鳥肌が立つだけです。とってつけたような甘味好きも狙ったようにしか感じられなくてどうにも説得力が無い。
    残念ながらネタにもならないし、正直「所有」しておきたくない。
    いやほんと、タイトルと表紙はかっこいいんですけどね。

  •  面白くなかったです。確率捜査官っていうことだから、もっとすごいのかと思ったら普通でした。本を開けば乗っているような基礎数学知識で、天才数学者っていう設定が伝わらなかったです。そもそも数学と統計って違う気がします。
     教授みたいな人って本当に頭がよくてびっくりするくらい知識がある賢い人なので、ことわざに興味がないから知らない~っていうのは個人的には天才っていう人物像の感覚が違いました。
     

  • 心理学も統計学を元にしたもの。警察捜査を数字で明確にして進める。警察官が仕組んだら冤罪やりたい放題。シリーズ物なので読んでいきたいな。

  • 効率的かつ正確な取り調べ方法の検証を目指し、警視庁世田町署内に新設された“特殊取調対策班”。取調室で起きた暴行事件が原因で異動させられた新米女性刑事・新妻友紀は、常識外れな行動ばかりを繰り返す数学者・御子柴岳人とペアを組んで取り調べに挑むことになるのだが…。猫を愛し、アメを頬張る、無邪気でワガママなイケメン数学者の圧倒的推理力で容疑者の心理に迫る。

  • ラノベ。読みやすい。

全75件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

かみなが・まなぶ
1974年山梨県生まれ。日本映画学校卒。2003年『赤い隻眼』を自費出版する。同作を大幅改稿した『心霊探偵八雲 赤い瞳は知っている』で2004年にプロ作家デビュー。代表作「心霊探偵八雲」をはじめ、「天命探偵」「怪盗探偵山猫」「確率捜査官 御子柴岳人」「浮雲心霊奇譚」「殺生伝」「革命のリベリオン」などシリーズ作品を多数展開。著書には他に『イノセントブルー 記憶の旅人』『コンダクター』がある。

「2018年 『悪魔と呼ばれた男』 で使われていた紹介文から引用しています。」

確率捜査官 御子柴岳人 密室のゲーム (角川文庫)のその他の作品

神永学の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

確率捜査官 御子柴岳人 密室のゲーム (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする