艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 一航戦、出ます! (角川スニーカー文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.29
  • (9)
  • (9)
  • (16)
  • (8)
  • (3)
本棚登録 : 215
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041011980

作品紹介・あらすじ

本日も出撃、演習、遠征に明け暮れる鎮守府の艦娘たち。しかしある日を境に強力な深海棲艦が出現するようになった。原因がサーモン海にあると考えた提督は、赤城・加賀を筆頭に全艦隊の総力戦を決意する!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 色々な艦娘が出てきているのに、きちんと特徴を捉えて描かれていることに驚いた。筆者も艦これを遊んでいるということで新米提督時代の描写(吹雪一人だった時のことなど)を盛り込んでいて自分もゲームを始めた頃のことを懐かしく感じた。

  • 設定が分からんでもおもろいな。
    問題は、誰がしゃべってるんかたまーに分からんようになるだけやな。

  • 艦これについて、初めて本格的に触れた作品。続きも出ているようだ。
    好きかも。赤城さんが。

  • 提督や艦娘の気持ちの葛藤の描写はほとんどなく、作戦の詳細が多く頁数を取っていた印象が残りました。

  • 艦これやってる方なら楽しめると思う。各キャラの特徴も捉えつつ泊地姫との戦術合戦、さすがビッグセブンと呼ばれる長門のパワフルなキャラと陸奥のキャラもなかなか。全体的に提督なら『あーわかる!!』って展開が多くて楽しめた。

  • 艦これツアーをやってたり、駅にポスターが貼ってあったりと巷で噂の艦これを読んでみた♪結論、ゲームか漫画から入るのがよろしかろう(--;)挿し絵を頼りになんとか読んだけれども、艦娘の構造が文字だけでは分かりにくい(>_<)できれば全艦娘を始めに似顔絵入りで紹介して欲しいくらい(^^;)しかし、それさえクリアすれば内容は面白かったから次もきっと読むと思う(^^)最後に出てくる大和も気になるしね(゜.゜)艦娘に慕われる提督になりたくなる!

  • イベントに挑む提督物語。

    一航戦は薄め。ゲームチックといえばいいのか。もっとワイワイやったほうが面白そうだな。

  • 鷹見一幸の描く「艦これ」ワールドに興味を持ち購入。戦記物が得意な筆者らしく、鎮守府での開発や編成、攻撃など設定がしっかりしている。メインキャラは赤城と加賀、サブとして第六駆逐隊、天龍と龍田。天龍と龍田のコンビがちょっと好きになった。内容はまさに鷹見一幸の書いた「艦これ」。ものすごい山場はないが、一山越えるといった感じでまとまっている。

  • 読書メモ参照(i44)

  • 艦娘からどのようにして飛行機がでるのかがわかります。
    一航戦の赤城加賀が好きならどうぞ。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

たかみ・かずゆき。1958年静岡県生まれ。元・埼玉県警勤務。00年電撃文庫から『時空のクロスロード~ピクニックは終末に』でデビュー。異世界ファンタジー、スペースオペラ、第2次大戦をベースとした架空戦記、学園コメディなど、幅広い作風で、既刊50冊以上を数える。

「2010年 『飛べ! ぼくらの海賊船 (2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鷹見一幸の作品

艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 一航戦、出ます! (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×