白桜四神 恋の病は四六時中! (角川ビーンズ文庫)

著者 : 伊藤たつき
制作 : 硝音 あや 
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年1月31日発売)
3.80
  • (7)
  • (11)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :70
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041012055

作品紹介

絶世の美女と噂になってしまった里桜(白桜)の争奪戦がはじまった!! しかも帝までが参戦し、大混乱に!! 白桜は事態を収拾するため、自らも名乗りをあげるか――!? 恋の嵐が巻き起こる第4弾!!

白桜四神 恋の病は四六時中! (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シリーズ第4巻。
    白桜はよく頑張っているなと思います。ただ、まっすぐに目標に向かっていったり、目の前の事件を解決したりするのにいっぱいいっぱいで自分の気持ちについて意識することは少なかった印象でした。なので今回、そういうところで少し進展があってよかったです。
    次巻もどうなるか楽しみです。

  • シリーズ4巻目。
    青丞とお見合いした事で「里桜姫」が絶世の美姫という噂が宮中に広がり、騒ぎを収める為に帝の提案で里桜姫争奪戦が繰り広げられる事になります。

    今巻では、氷の貴公子と呼ばれる青丞の観察眼が伊達じゃない事が証明されます。
    4巻のキャッチコピーは、
    「違いの分かる男、青丞」
    でしょうか。
    「恋は盲目」状態にならないで、入れ替わった里桜と都桜の違いに疑問を抱き白桜に詰め寄ってきます。

    一方、白桜も生来の勘の良さと知能をフル回転させ、帝を前にして臆さずに駆け引きを成功させます。
    やっぱりヒロインが知性を見せてくれると嬉しくなります。
    白桜がただの根性だけで乗り切る姫君じゃなくて良かった…!

    鵬玄も自分の想いを自覚し青丞にライバル宣言したり、姉の都桜も青丞の里桜に対する想いの強さに一旦は身を引き田舎に帰る事にしたりと、サブタイトル通りあちらこちらで色恋沙汰が半端ないです。
    最後にようやく白桜も尊敬と憧れを抱いていた青丞への気持ちが恋心だと気付きますが、帝の命令で白虎家の里桜として内裏に上がる事になってしまいます。
    次から次へと大ピンチになる展開が面白くて、次巻も楽しみです!
    …そういえば、表紙で白桜と青丞が持っている鈴は本編中に出てくるのかと思ったら特に何もありませんでした。
    この鈴は一体?
    白桜が青色のリボン、青丞が桃色のリボンというのが、まるで2人が交換したように思えて、青丞が手にしてると文と併せて妄想が止まりません。

  • 面白かったです。
    巻末でまた事件が!
    帝は白桜の秘密を知っているのか気になります。
    次回作が楽しみです。

  • 里桜の身代わりの姉は青丞が気に入っている様子。もし、二人が結婚してしまったら、白桜としては女にもどったときに、里桜と名乗れなくなる…
    里桜姫に大騒ぎする男達
    帝は里桜姫争奪戦をけしかけて…

    今回も青丞は鈍いんだか、するどいんだか、微妙な男っぷり。
    そろそろ気持ちに進展が欲しいな
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-3481.html

  • 男装もののお話は、女側は相手に恋心を抱いていてもそれを抑えなくてはならず、男側はあれ?自分ってもしかしてホモ?って疑念を抱きながら気になってきて・・・って感じの話が多いですけど、このお話は、みなが白桜が女であることを知っているけど黙っているって感じがして、悩むのは白桜だけなのかなぁ。

    青丞も白桜と里桜に秘密があると分かっていて、彼のことだからなんとなく白桜=里桜ではないかって予想ができていそうな感じがします。おりこうさんですし。

    一難去って、また一難。
    この時代にはよくあるお話。尚侍での召し上げです。帝の命にさからうわけにはいかないし、さて、どうするんでしょうね。おもしろ好きの帝が、白桜が女と分かった上で、青丞をからかおうとしてそうな気がなきにしもあらず・・・。

    次巻も楽しみにしてます!

  • 妹より。
    思いっきり笑かして貰いました~。
    何だ、その争奪戦!そして鈍感な方々がついに恋に目覚める!?いずれ、丸く収まればいいけど(笑)←ガラにもなく心配。
    しかしラストにまたトラブルが。恋の嵐はどこまでも吹き荒れるね~。

全6件中 1 - 6件を表示

白桜四神 恋の病は四六時中! (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

伊藤たつきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする