身代わり伯爵の結婚行進曲 III再会と宣戦布告 (角川ビーンズ文庫)

  • 126人登録
  • 3.64評価
    • (4)
    • (20)
    • (17)
    • (1)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 清家未森
制作 : ねぎし きょうこ 
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年1月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041012093

作品紹介

シアラン国へ戻ってきたミレーユは、ついに妃として認められる!! 結婚式準備に追われていた矢先、ミレーユが何者かに捕らえられ、ロジオンも負傷してしまう!! 第五師団に銃口を向けてきたのはフィデリオで!?

身代わり伯爵の結婚行進曲 III再会と宣戦布告 (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • かなり前に買って積んでた本。
    読み始めたら意外とすぐに思い出せた。

    結婚式まであと一月というところで南の大陸から新皇帝がやって来るという。無事に大公妃の試験もクリアしたミレーユは向こうの妃と茶会を開く予定だったが、そこで誘拐されてしまう。

    そこで会ったのは、王宮にいるはずの南の大陸の皇帝と、行方不明になっていたフィデリオ。
    なんだかフィデリオの抱えていた闇が爆発したって感じだけど、彼自身は結局良い子だから、悪になりきれてない感じを受ける。
    今まで不安定な立場で板挟みにあいながら、使命と義務で成り立っていたものが崩れて、拠り所が無くなってしまったのかな、と思った。
    誘拐されても相変わらずのミレーユだけど、さて、無事に帰れるかな~。

  • フィデリオ闇落ち、、
    あーあー
    残念だ
    前半と後半のギャップが激しすぎる
    しかし帝国皇帝陛下が影が薄くて驚く
    黒幕かと思っていたのになー

  • 段々笑い話では済まされない展開になりました。
    でも相変わらずのミレーユ&リヒャルトなので終わりが近いのはとても残念です。

  • 異国の王子の訪問と、狂信派の謀略で、またもやミレーユは拉致されておりますが、今回の事態は深刻。
    久しぶりに、黒リヒャルトがチラ見です。

    シアラン帰国、乙。
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-3587.html

  • 本編が緊迫しているので、最後の短編にとても救われました。
    と、いいつつもフレッドに妹の危機なんだから約束通りなんとかしにきてとついついおもってしまいましたが。
    次回がとても待ち遠しいです。

  • 途中まで読んで放置してしまった。
    あ、面白くなかったわけではないです。前半はほのぼのバカップルがかわいらしかったです。シアランの王様と王妃様の新婚って……これ、政略結婚で微妙な相手とだったらどうなんだろうと夢のないことを考えましたが、まぁ、あの二人はかなり楽しく盛り上がるのでしょう。

    と、そんな楽しそうな未来をざっくり破り去るような後半。影の薄い賓客の皇帝がちろっと。そしてなんだか振り切ったフィデリオさん。
    お茶目な落ちが付けられるのかたいへん謎ですが、できれば「めでたし、めでたし」で幕を引いてほしいです。

    番外編がかわいらしかった。
    フレッドの物語も、どうなるのかな。

  • 楽しみにお待ちしてた身代わり。最終章ですが、まだ続きそうです。久しぶりシアランの皆さんが出てきました。多分またミレイユさらわれるんだろうなと予想はありました。次巻あたりでフレッドが救出に向かったりしてくれるといいのにな。。フェデリオ様は絶対味方と信じています。敵を欺くのはまず味方からってね

  • シアランに戻って来て、1ヶ月後に婚礼を迎えるというしあわせ絶頂(塩必須)から、何故か囚われの身に。フィデリオはどうなってしまうのか。ここまで事を荒立ててしまったってことは、何事もなくは済まないだろうし。ロジオンよいこ。手紙の暗号は伏線だったのか。続き読みたいけど、終わりに近付くのはさみしいな。

  • ロジオン頑張れ!きっとロジオンの存在がフィデリオの枷となってるんだと思うの。彼がミレーユの護衛としてボロボロになりながらも付いてきてくれたのは正義だよ!リヒャルトの箍が外れそうっていうか、外れたね。死人が出そうな勢い。安心してミレーユと暮らせる日が1日でも速く来ないとやばいよ。で、来訪中の陛下、嫌いじゃないわ、あのノリ(笑)ミレーユに巻き込まれたのか、陛下に巻き込まれたのか、そのどちらでも国際問題になりうる今回の誘拐。新興派は別として、皆が幸せな結末を迎えることだけを願うわ。

  • 今回も甘々路線全開でした。
    ただリヒャルトの鬱々は正直飽きてきたかなぁ。

    そろそろフレッドに会いたいですね。

全11件中 1 - 10件を表示

身代わり伯爵の結婚行進曲 III再会と宣戦布告 (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

清家未森の作品

身代わり伯爵の結婚行進曲 III再会と宣戦布告 (角川ビーンズ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする