障害児3兄弟と 父さんと母さんの 幸せな20年 (角川文庫)

  • KADOKAWA/角川書店
4.08
  • (4)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041012321

作品紹介・あらすじ

授かった3人の子は、それぞれタイプの異なる障害児だった。個性的すぎる息子たちと大変だらけの子育てを「悲惨なことを笑いに変える」センスを発揮し楽しんでいく佐々木夫妻。どこまでも明るい20年の記録

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • わたしは健常者3姉妹なので、真逆の人たちの話だなと思い、手に取った一冊。
    健常者も障害者も、男も女も、関係ないんだなと思った。
    なぜなら、うちの姉妹と性格が似てるから(笑)
    一気に親近感がわいた!!

    自分はこれから結婚、出産、育児を体験していくだろうが、そのとき、どんな子が生まれても向き合って、このお母さんのように笑い飛ばしたいなと思う。
    と同時に、大切に育ててくれたので母にありがとうと言いたくなった。

  • お母さんの語り口がおもしろおかしくて、ついつい笑って読んでしまう話。
    でも次男くんの話でちょいちょい号泣。真ん中っ子ゆえの苦労というか…あるよね、そういうの。
    最後は涙が止まりません。お母さん頑張ってるなぁと思う。いろんなことと戦いながら、毎日をちゃんと生きている。親子の日々の成長を、突然の変化を、絶妙な語り口で伝えてくれています。

    私は自閉症の子とお話することが多いのですが、その時々で失敗したり反省したり、「今日は完璧!」という日がありません。
    だから勉強しようと思って読んだ1冊でした。なんだか背中を押されたなぁ。
    その子たちを「かわいい」と思う気持ちも、間違いじゃないんだと安心した。ホッとしました。

全2件中 1 - 2件を表示

障害児3兄弟と 父さんと母さんの 幸せな20年 (角川文庫)のその他の作品

佐々木志穂美の作品

ツイートする