演葬会 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
2.71
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 21
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041012413

作品紹介・あらすじ

「ベルベット・リンチ」はインディーズで人気急上昇中のV系バンド。彼らにはそれぞれ異なったタイプの霊能力がある。その力を活かして音楽がらみの心霊現象を解決していくが、事件の裏にはある真実が……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • すらすら読める。設定に無理がある気もするが、暇つぶしにはいいかな。途中「すいません」という言葉を使っていたが、わざとなのか?

  • あらすじの『ヴィジュアル系バンド』という言葉に釣られて読んだ。私はヴィジュアル系バンドが好きでライブに通ったりしてたので、ヴィジュアル系バンドのライブの雰囲気や特有のノリ(振り)やバンギャの生態など、よく調べているとは思ったが作品自体に面白みを感じず。これはホラーなのか?と首を傾げるくらいホラーとはほど遠い気がしてならない。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1962年北海道生まれ。映画、テレビアニメ制作を経て『出口なし』(角川ホラー文庫)で作家デビュー。児童向け作家としても活躍中。その他の著書に『ミステリー・ドラマ』(角川書店)、『同葬会』(角川ホラー文庫)、『庚申塔の怪』(くもん出版)など。

「2018年 『絶体絶命ゲーム4 絶望島からの脱出サバイバル!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

演葬会 (角川ホラー文庫)のその他の作品

演葬会 (角川ホラー文庫) Kindle版 演葬会 (角川ホラー文庫) 藤ダリオ

藤ダリオの作品

ツイートする