SでもMでもなくこれは恋とか愛 (角川文庫)

  • KADOKAWA/角川書店 (2014年3月25日発売)
3.29
  • (3)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (3)
  • 本棚登録 :67
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041012819

作品紹介・あらすじ

心にいる女性は二人だけ。二人とも美樹の元を去っていった。そして、いま、美樹は三人目の女性に出会う。これは運命なのか、呪いなのか――。女神、SM、そして愛。著者渾身の「青春SM小説」!

SでもMでもなくこれは恋とか愛 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 因果応報、驚愕の結末(嗤

  • ちょっとこのシリーズも飽きてきた。私の奴隷…の衝撃はもはやない。

  • このシリーズ最近のはなんか分かりづらい、センスが足りないんだろうな。きっと。

  • エロ小説だと思って買ったのに、恋愛小説だった。クソ、クソ、クソ。おもしろかったぞ。

    という事で美樹シリーズ第三作。さらに10年後のお話。

    この本のテーマは夫婦のセックスレスだと思う。

  • 美樹君シリーズの3作目
    今回は36歳になったご主人様の美樹君が人妻節子を開花させて行くお話し
    今回では美樹君自身にも奥さんと子供がいて、奴隷も一人…という状況で節子にのめり込んで行く

    そしてラスト数ページでのどんでん返し?なオチは、え〜そんな結末⁇という今までとは一味違うスパイスが効いています

    興味があればご賞味あれ

全5件中 1 - 5件を表示

SでもMでもなくこれは恋とか愛 (角川文庫)のその他の作品

サタミシュウの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
三浦 しをん
石田 衣良
有効な右矢印 無効な右矢印

SでもMでもなくこれは恋とか愛 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする