最後の晩餐 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.29
  • (2)
  • (9)
  • (21)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 70
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041012864

作品紹介・あらすじ

市民講座「男のための料理教室」は退職後の男性で大賑わい。講師の美由紀が夜道で襲われた事件をきっかけに老紳士がボディガードを申し出たが――。食と男と女のサスペンスを描く、人気短編集第2弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【あらすじ】
    以前生涯学習センターで男の料理講座の講師を務めた美由紀。帰りが遅くなった晩、真っ暗な夜道で講座の元受講生である年配の男に出逢う。ストーカー被害に怯える美由紀は、親切な申し出に甘えて自宅まで送ってもらうことに、だが、彼女がすがった親切心は意外な方向へ暴走しはじめて―!(「料理講座」)おいしい食事は幸せの象徴、それとも諍いの種?食と男女をテーマに描いた、心理ホラー7編をあつめたオリジナル短編集。

    【感想】

  • ホラーというよりも、不思議な奇妙な感じを受ける本である。
    要所要所に、食べ物が出てくるのは良かった。

  • 思ったほどよくない

  • 食と女をテーマにしたホラー短編集第二弾。
    面白かった。
    タイトル作「最後の晩餐」、「最後の晩餐」の意味するところがとてもよくて、一番面白かった。

  • ホラーは苦手…なんだけど、この本は別。っていうかホラー?
    食にまつわる短編集で、ひとつひとつの話の行方、仕掛けが面白く、次へ次へと繰りました。ホラーにありがちな生理的不快さがなく、じんとくる話もあり、この著者さんの作品は他にも買いたい!と強く思いました。
    好きだわー。

  • 怖っΣ(゚д゚lll)と思わされる話だらけ。読んだ覚えのある卵の話が一番おえって感じ。怖いもの見たさでページをくる手が進む。

  • 食にまつわる、短篇集。

    女と食と、薄気味悪いお話。
    おもしろかったので、
    作者の他の本も読んでみたくなる。

  • (収録作品)ペアカップ/料理講座/悪阻/卵を愛した女/食の事件簿/献立/最後の晩餐

  • 「意地悪な食卓」から連なる、「食」をテーマにしたホラー短編集。想像していた内容よりも前向きな結末のものが多かったように思いました。「料理講座」が個人的ベストです。

  • 食べ物にまつわるややホラー、ややミステリな短編集。誰にとっても身近なテーマでもあるので、それが恐ろしいやら面白いやら。
    お気に入りは「食の事件簿」。実際に起きた、食にまつわる数々の事件。そういえばこんなのがあったなあ、と思い返しつつ読むうちに、なんとそういうことが! という驚き。そしてこの事件が……うん、実は一番身につまされちゃうのかも。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

長野県生まれ。青山学院大学卒。1988年作家デビュー。以来、女性心理を追及したサスペンスなどに定評がある。『二重証言』『女友達』『トライアングル』『ふたたびの加奈子』など多くの作品が映像化されている。近著は『夫以外』『神様からの手紙喫茶ポスト』など。

「2017年 『二年半待て』 で使われていた紹介文から引用しています。」

最後の晩餐 (角川ホラー文庫)のその他の作品

最後の晩餐 (角川ホラー文庫) Kindle版 最後の晩餐 (角川ホラー文庫) 新津きよみ

新津きよみの作品

ツイートする