甘い監獄 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.29
  • (1)
  • (5)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041012871

作品紹介・あらすじ

お見合いで知った双葉に妙に惹かれる慶太。嗜虐性をそそられた慶太は、出会ったその日から彼女に陵辱の限りを尽くす。結婚して二ヶ月後、その夜がくるまでは…。大石圭が描く、愛と狂気という形の夫婦の姿!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 夫婦にまつわる短編集。読み始めは角川ホラー文庫なのにホラーっぽさがないと思っていたが『いじめたくなる女』は完璧にホラーだなと思った。『愛されすぎた夫』も怖い。大石作品なのにこの作品だけ、毛色が違う。大石圭の公式サイトにも書いてある。しかし、この2作品は背筋がゾクっとする。『妻への疑念』『他人の妻、他人の夫』は別の意味や視点で女の怖さというのを表している。全作品を通して言える事は結婚というのは恐ろしい。結婚というのは紙きれ1枚で他人同士が『夫婦』という縛りになり、紙切れ1枚で離婚も出来る。結婚は怖い。

    • 610@活字中毒さん
      やはり、1番怖いのは人間と言う風にいろんな方がおっしゃるので幽霊的なものより人間が怖いですね。
      やはり、1番怖いのは人間と言う風にいろんな方がおっしゃるので幽霊的なものより人間が怖いですね。
      2014/04/24
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「人間が怖いですね。」
      エエ格好しぃなので断言しますが、世の中には、本当に悪い人は居ない筈。。。
      (でも勘違いされちゃ困るから、ストレー...
      「人間が怖いですね。」
      エエ格好しぃなので断言しますが、世の中には、本当に悪い人は居ない筈。。。
      (でも勘違いされちゃ困るから、ストレートに言っても大丈夫な人かどうか見極めるのが肝要かと)
      2014/04/25
    • 610@活字中毒さん
      nyancomaruさんがおっしゃる通りなのかもしれません。人の良い部分を見つけるようにして心がけてみます。
      nyancomaruさんがおっしゃる通りなのかもしれません。人の良い部分を見つけるようにして心がけてみます。
      2014/04/26
  • この著者は、挿入・射精の後に女にくわえさせてまた射精してそれを飲み込ませるのが好きなのだろうか…。ホラーじゃないし物足りなかった。

  • 雑、つまらんかった。

  • 夫婦をテーマにした短編集。ホラーとしてはあまりどぎつくない印象だけれど、この嫌さはけっこうじわじわとくるものがあるなあ。誰にでもこういった狂気が隠されているのかもしれない、と思えば恐ろしい話。
    お気に入りは「いじめたくなる女」。痛々しくってとにかく嫌さは一番の一作。だけどラストの衝撃の展開にはなんだかすっきり。

  • 大石圭の短編集。使い回しの表現が最近目立っている。
    もう大石圭読まないかも。

  • 小説を何故か書きたくなりました

  •  いろいろな夫婦を題材にした短編集。
     っても大石圭なので、一筋縄ではいきませんが。

     ともあれ、夫婦は互いを映す鏡っていうが、どの夫婦もその相手じゃなかったらもうちょっと違った人生だったかもと思うのである。いや、そのパートナーであったとしても、そこにあるぬかるみに足をつっこみさえしなければ「物語」にはならないかもしれないが、平穏な幸せが続いていたのだろう。
     そういうこともひっくつるめて、<相性>というのだろう。
     つか、ひっくるめられてしまう<相性>が、ものすごく恐ろしい。

     「愛されすぎた夫」が一番やばいと思った。
     いわば、共依存の夫婦の話なのだが、それを第三者をして語っている主人公もまた共依存の罠に落ちいているのに全く気付いていない。
     そして、一番の共依存の妻は、夫をスポイルし続ける。でも、それは愛じゃないよね。
     この妻も、語り手の主人公も、結局は自分を、というか自分だけを愛しているのだ。家族に虐げられている自分を悲劇のヒロインであるかのように愛でている。
     語り手は、自分より強力な共依存の妻の存在をきっかけにもしかしたらそこから脱することが出来てのかもしれない。
     が、歪んだ自己愛は、解決を求めない。
     そう。誰もそこからの脱出を望まず、ただ愚痴を言っているだけという状況がたまらなく、醜悪でつらかった。

     

  • 夫婦をテーマにしたエロティック・ホラー短編集。『いじめたくなる女』『愛されすぎた夫』『妻への疑念』『他人の妻、他人の夫』の四編を収録。最近の大石圭は、ホラー小説作家というよりも、官能小説作家の要素が強くなって来た。

    『いじめたくなる女』は、そういう展開かと驚くような作品。怖い。

    『愛されすぎた夫』は、読後にじわじわと怖さが伝わって来る作品。

    『妻への疑念』は、ありがちな話から一転…

    『他人の妻、他人の夫』は、夫婦交換をテーマにしたエロティックな作品。ホラーの要素は無い。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1961年、東京都生まれ。法政大学文学部卒。93年「履き忘れたもう片方の靴」で第30回文藝賞佳作を受賞してデビュー。著書に『アンダー・ユア・ベッド』『湘南人肉医』『檻の中の少女』『甘い鞭』など多数。

「2018年 『モニター越しの飼育』 で使われていた紹介文から引用しています。」

甘い監獄 (角川ホラー文庫)のその他の作品

大石圭の作品

ツイートする