天命の扉 県警捜査一課・城取圭輔 (角川文庫)

著者 : 遠藤武文
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年4月25日発売)
3.11
  • (0)
  • (2)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :35
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (413ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041013205

作品紹介

長野県議会中、議員が何者かに殺害された。残された紙片には「善光寺を開帳せよ」という謎のメッセージが。捜査に乗り出した城取刑事は、かつて自分が担当した冤罪疑惑事件とのつながりを疑うが……。

天命の扉 県警捜査一課・城取圭輔 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 偏執的な思考に凝り固まった犯人の人物描写もあり、動機に一応の説得力を持たせてはいるがいまひとつ頷けないものがあった。
    とくに共犯者の心理がまるで理解できない。
    「可哀想」・・・こんな気持ちだけで人を殺す行為を容認できるものなかの。
    もう少し、人間の心理的な動きを「あるかもしれない・・・」と思える方向へと転換できなかったのかと残念に感じた。
    犯人像にリアルさがなかった分、被害を受ける人たちの描写はいい。
    とくに諏訪部県知事と城取刑事が良かった。
    反感を買うようなキャラクターなど個性的な人物がたくさん登場する。
    けれど、どの人物もどこか浅い印象しかない。
    描写が上滑りしているような・・・とってつけたように感じてしまった。
    設定は面白かった。
    議会真っ最中の密室での殺人。
    弾道検査ですぐに発射地点の特定はできるだろうけれど、犯人はそこまで細かく考えていなかったのだろう。
    もうひとひねりあれば・・・と思う。

    善光寺にまつわる解説のような部分は面白かった。
    善光寺には行ったことはあるけれど、信仰心などカケラもなく、単なる観光地のひとつとして訪れた。
    「実は本尊などない」という噂が一部にあることも、由来も、何も知らずにいた。
    予備知識が無くても別に困らないが、知っていればもっと楽しめたのかもしれない。

  • 地方の議会場において、質問に立っていた議員が狙撃されて死亡。推理小説としての面白みも残しつつ、民族的な考察も織り込まれていて、2つの側面から楽しめる作品。

  • 「プリズン・トリック」がとんでもない話だったが、この作品も、とんでもない方向に行きそうで…。宗教がらみの部分は読み飛ばしてしまった。

全3件中 1 - 3件を表示

天命の扉 県警捜査一課・城取圭輔 (角川文庫)のその他の作品

遠藤武文の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする