THE NEXT GENERATION パトレイバー (1) 佑馬の憂鬱 (角川文庫)

著者 : 山邑圭
制作 : 押井 守 
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年3月25日発売)
3.65
  • (3)
  • (8)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :79
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041013250

作品紹介

警視庁警備部特科車両二課──通称「特車二課」は、存続の危機にあった。警視総監の視閲式で、特車二課の二輌のレイバーが放った祝砲が、式典を破壊する事件が起きたのだ。そんな中、緊急出動が命じられた!

THE NEXT GENERATION パトレイバー (1) 佑馬の憂鬱 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小説版は読むつもりなかったのだけれど
    特車二課の三代目隊員の中で、すちゃらかな佑馬が好きだったので、彼がサブタイトルになっている巻だけは読んでみようかなと手に取ってみた

    読んでよかった
    ほんの少しでも、「現在」の遊馬のことが出てきて嬉しかったなー
    意外なような、そうなることは分かってたような
    「現在」の遊馬の肩書きに驚いたけど、すんなり納得だった

    三代目が初代隊員のことを見聞きするのは名前と現在の職業だけ
    それだけで想像される初代の幻影
    本当のキャラクターを知っている読者としては、そのギャップがおかしくて面白かった

  • (2014-09-06L)

  • パトレイバーを擁する特車二課の次世代(三代日)の話。序章。

  • パトレイバーらしい作品だと思う。
    基本的な設定は、押井守の小説「番狂わせ」とほぼ同じ。主装備のイングラムは動くかどうかギリギリ、隊員達は以前にも増して暇を持て余している状況で、今度どう物語が展開するのか楽しみではありますね。
    隊員が初代のメンバーみら名前に近いので、どうも初代メンバーの声でセリフを読んでしまいますね。

全4件中 1 - 4件を表示

THE NEXT GENERATION パトレイバー (1) 佑馬の憂鬱 (角川文庫)のその他の作品

山邑圭の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

THE NEXT GENERATION パトレイバー (1) 佑馬の憂鬱 (角川文庫)はこんな本です

THE NEXT GENERATION パトレイバー (1) 佑馬の憂鬱 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする