西の善き魔女 (7) 銀の鳥 プラチナの鳥 (角川文庫)

著者 : 荻原規子
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年10月25日発売)
4.10
  • (12)
  • (11)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :132
  • レビュー :14
  • Amazon.co.jp ・本 (377ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041013434

西の善き魔女 (7) 銀の鳥 プラチナの鳥 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あーたまらんなぁ、たまらん。
    毎度荻原さんの作品を読む度に同じ感想を言ってる気がするけど、でも申し訳ないが、たまらんのだ。
    この女の子の夢物語を完璧に語りつつ、何故か冷めずに自分も物語の中に落ちていってしまう凄さは本当に心地いい。

    アデイルとユーシスがじれったくってじれったくって、激しく身悶えする。
    早くくっつけ馬鹿野郎と思いつつ、いやでもあのままがいいよなとも思ってしまってまたもどかしい気持ちになる。

  • ティガ!めっちゃかっこいいです!荻原さんの作品のキャラの中で一番好きかもしれないですね。今回はアデイル主人公の話なのでフィリエルとルーンはでてきませんがおやっ?というところもあって楽しい。アデイルは相変わらずかわいくて強いですね。一方ユーシスはさすがって感じですが(笑)全体的にいろんな意味で希望が見えてきた感じでした。

  • めくるめく宮廷ロマンスもいいけど
    こういう路線も大好物です…
    お願いだからその先を!もう少しその先を!!
    というところで終わってしまうのが
    口惜しいというかうまいというか…

    帝国の動きを知るために
    トルバートへ向かったアデイルが
    亡国のプリンスと繰り広げる冒険譚

    ユーシスのような魂までキリッとした騎士はもちろん素晴らしいけど
    ティガのしなやかで悠々とした姿もまた尊い…

    はぁ…選べない…←

    でも自分はやはり砂漠暮らしは出来ないかな…
    セシリアがどうなったのか気になる…
    ルセルもイケメンだった…選べない…

  • 2017.09.13

  • ティガがかっこいい!
    お兄様もいいけど私はこっちのほうがええわ
    1〜7まで一気に読み切ったけど、
    ほんと恋愛要素が多く、少女漫画ってかんじだったな
    中学生くらいの頃に読んだらもっとはまったかも。

  • アデイルが主役の外伝その2。護ってあげたい系の彼女もやはり女王家の血筋。フィリエル並に破天荒とわかります。ティガが本当に魅力的で大好き。そして、ティガと一緒にいるミーミがかわいくて大好き。このカップリングも捨てがたいですが、あれはあれで淡い思い出ですよね。それにしても短編で悶え死にそうになった。押してダメなら引いてみろですね!ユーシス、相変わらずの鈍さですが、猫に嫉妬するとか……!脈ありだという事が確認できただけでも良しです。アデイル、思った以上にレアンドラに対してコンプレックス抱いてたんですね。

  • アデイルが主人公の話。
    フェリエル主人公で進んでいた本編の裏側が描かれていて、番外編といえど読みごたえがある作品だった。
    その後のユーシスとのお話も良かった。
    まだまだ続きが読みたい二人だった。

  • 西の善き魔女#7

  • アデイルたち、こんな冒険してたんだ!傭兵たちがとても頼もしかった。

  • 買っちゃった…
    買っちゃったヨ…。


    もう持ってるのに…。
    文庫に収録された特別短編が読みたいがためだけに。

    大好きなシリーズの文庫化作品。
    (ちなみに文庫は特別短編が載った巻のみ全部買った)
    本編は元々の本の挿絵が好きなので、多分文庫は巻末しか読まないなー(^_^;)

全14件中 1 - 10件を表示

西の善き魔女 (7) 銀の鳥 プラチナの鳥 (角川文庫)のその他の作品

荻原規子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

西の善き魔女 (7) 銀の鳥 プラチナの鳥 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする