封鬼花伝 春を恋う咲きそめの乙女 (角川ビーンズ文庫)

  • 90人登録
  • 3.76評価
    • (8)
    • (12)
    • (12)
    • (2)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 三川みり
制作 : 由羅 カイリ 
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年5月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041013786

封鬼花伝 春を恋う咲きそめの乙女 (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 残念ねえ
    仙人になるにはなかなか難しい
    欲も難しいものだ
    しかしキャーだわー

  • 魔をうちに宿す。それを自覚するからこそ用心深い行いと全てを引き受ける覚悟がある。孤独だな。けど、千樹も一花をなす道を選ぶ覚悟をする。
    突き動かされるように何かにのめりこむものの業の深さと喜びと苦痛
    綾峰のポイントアップ。結構好きかも。私は、どうも主人公を無条件に尊敬し一途な思いを捧げる報われない人が好きなんだなあ。「天は赤い河のほとり」では、ザナンザ皇子、ルサファ。「ちはやふる」では、太一。「花子とアン」の朝市とか。

  • シリーズ3作目

  • 三巻目です。行方不明の鬼の腕の行方と仮妻になるかならないかの顛末です。
    一段落つく展開。だけどね…
    バトルものだと割り切って読めばおもしろいのだが、猪突猛進な千樹にいまだに共感できない。客観的に見ても励ましたいというヒロインではない。刀火の内面も多く、どこに気持ちを置いて読むか迷う。
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-3783.html

  • シリーズ3巻目。
    仮妻にしないと刀火に宣言され、暁宮から追い出されてしまう千樹。納得できない彼女は悩む中で刀火への恋心を自覚する。刀火の真意を知りたい千樹はニ之御子・綾峰の手引きを受け、何とか暁宮へと戻ってくる。しかし、宮の中は刀火に異変を生じさせた原因が「成る絵」だったことが判明し大混乱していた。成る絵を描けるのは今の所、千樹だけということもあり千樹が犯人として疑われてしまい・・・。

    刀火への恋心を自覚した千樹が何とかして刀火に会いに行こうと頑張る所が健気で愛おしい。けど、せっかく会いに来てくれたのに刀火は失いたくがないためにそっけないし。大事だけど、でも手放す覚悟も同時にしているなんて、なんというか複雑で難しい男(笑)切なすぎるでしょ。でも今までの生き方や人生が彼をそうさせたのだから、そんなに簡単に両想いにはならないよね。そんな刀火が千樹に対して本気になるのはいつなのかしら?嘘つきで本音を上手に隠す彼がその仮面を被れなくなるのはどんな状況?まぁ十中八九、千樹がらみでしょうが。
    賢夕の最後はなかなかに悲惨で、彼が犯人だろうとは早々に予想できたものの可哀想だった。純鉄の心も早く癒されればいいけれど・・・。彼もその後出てくるのかしら?そして可哀想といえば綾峰も(笑)彼は良い奴なのに不憫すぎるwwでも男を磨いて、千樹と刀火の仲にちょっかいをバンバンかけて欲しいわ。その方が面白くなりそう♪

  • 今ひとつしっくりこない。
    自分のことを好きだと言ってくれた人だから、大事にしたい人だから、いつでも手放せる準備をしておく。だから、自分に仕えよと命令する…
    なんだかな~、面倒な性格だよなー。
    まあお話を引っ張るためにはあなたが好き!オレも!じゃだめなんだろうとは思うけど。

全8件中 1 - 8件を表示

封鬼花伝 春を恋う咲きそめの乙女 (角川ビーンズ文庫)のその他の作品

三川みりの作品

封鬼花伝 春を恋う咲きそめの乙女 (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

ツイートする