寒雀照降町自身番書役日誌 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041013908

作品紹介・あらすじ

数年前、父の仇討ちをした相手は無情にも親友であり、その妹は想いを寄せる女だった-故郷も身分を捨て辿り着いた照降町で喜三次が出逢う面々。幼い自分を置いて出奔した母を憎みながら、何とか身抜きさせようと画策する文治、不器量を自覚しながらも美丈夫な男と添い続けたいと慕い続けるおてる…心に蟠りを抱えながら、前を向いて日々を必死で生きようとする人間の姿を江戸情緒豊かに描き出す傑作時代小説第二弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 少し、切ないというか・・・余韻を持たせすぎというか・・・こんな終わり方?というか・・・

  • 「ででふく」はよく出来た話だった。
    作り物っぽいと意味ではない。
    ところてんがのどを滑り落ちていくような、
    流れるような感じ。
    後味は決して甘くないが。

    喜三次が金のために抜け駆けしようとした男を
    怒ったのは今までの喜三次の印象と違い、
    少し唐突に感じたが、
    武士だった過去の話がからんできたので、
    次作が楽しみだ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1945年広島県生まれ。成城大学文芸学部卒業後、画廊経営、テレビプロデューサーを経て、執筆活動に入る。2003年「小日向源伍の終わらない夏」で第10回九州さが大衆文学賞大賞・笹沢左保賞受賞。主なシリーズに「立場茶屋おりき」シリーズ、「照降町自身番書役日誌」シリーズなどがある。15年「立場茶屋おりき」シリーズで第四回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞を受賞。

「2017年 『残りの秋 髪ゆい猫字屋繁盛記』 で使われていた紹介文から引用しています。」

寒雀照降町自身番書役日誌 (角川文庫)のその他の作品

今井絵美子の作品

ツイートする