雁渡り 照降町自身番書役日誌 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041013922

作品紹介・あらすじ

日本橋は照降町で自身番書役を務める喜三次が、理由あって武家を捨て町人として生きることを心に決めてから3年。下町に生きる庶民の人情や機微、暮らし向きを端正な筆致で描く、胸にしみる人情時代小説!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Tさんに勧められた「猫字屋繁盛日記」の前にあたるシリーズだとわかって。

    「猫字屋」と同じく、江戸の言葉や風景が丁寧に書かれていた良かった。
    次々と人が殺されるような殺伐とした感じもないし。

    ただ、「猫字屋」の「忘れ扇」を先に読んでしまったので、
    幼い女の子の存在に心乱される番小屋のおすえがちょっとかわいそう。
    それと、個人的には喜三次の過去が明らかになるのは、2作目までとっておいてほしかった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1945年広島県生まれ。成城大学文芸学部卒業後、画廊経営、テレビプロデューサーを経て、執筆活動に入る。2003年「小日向源伍の終わらない夏」で第10回九州さが大衆文学賞大賞・笹沢左保賞受賞。主なシリーズに「立場茶屋おりき」シリーズ、「照降町自身番書役日誌」シリーズなどがある。15年「立場茶屋おりき」シリーズで第四回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞を受賞。

「2017年 『残りの秋 髪ゆい猫字屋繁盛記』 で使われていた紹介文から引用しています。」

雁渡り 照降町自身番書役日誌 (角川文庫)のその他の作品

今井絵美子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

雁渡り 照降町自身番書役日誌 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする