アルバイト・アイ最終兵器を追え (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.29
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (531ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041014066

作品紹介・あらすじ

六本木の再開発地から白骨死体と錆びついた鍵が見つかった。DNA鑑定の末、判明した遺体の正体は伝説の武器商人「サムソナイト・モーリス」。冴木探偵事務所の隆と涼介は、行方不明になっている彼の最後の商品-小型核兵器を探すため駆り出される。鍵を握る美少女モニークに加え、核爆弾を手に入れ東京に裁きの火を下そうとするテロリストまで登場。隆と涼介の最後の闘いが始まった!最強の親子探偵ミステリ!特別収録・大沢在昌インタビュー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最終兵器とは核爆弾。
    武器商人の死体が発見されたことをきっかけに、いろいろな輩がそれを我先に手に入れようと画策する。
    冴木親子も巻き込まれ、今作でも破天荒な活躍を見せてくれます。
    シリーズ続編が待たれますね。

  • 終わってしまった。また書いてくれないかなあ。

  • 大沢在昌の作品で新しいのが出版されていたので読みたかった。

    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50103176&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1956年、名古屋市生まれ。79年『感傷の街角』で小説推理新人賞を受賞しデビュー。代表作に『新宿鮫』(吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞長編部門)、『無間人形 新宿鮫IV』(直木賞)、『パンドラ・アイランド』(柴田錬三郎賞)、『海と月の迷路』(吉川英治文学賞)、近著に『覆面作家』『俺はエージェント』『爆身』など。

「2018年 『ニッポン泥棒(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アルバイト・アイ最終兵器を追え (角川文庫)のその他の作品

大沢在昌の作品

ツイートする