キマイラ (8) 鳳凰変 (角川文庫)

著者 :
制作 : 三輪 士郎 
  • KADOKAWA/角川書店
3.75
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041014097

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  幻獣キマイラを巡って男たちが熱い闘いを繰り広げる伝奇アクション第8弾。

     この巻も多彩な人物たちの活躍や出会いが描かれていますが、意外な二人がここで出会って物語が進んでいくという展開もあり、さらに楽しみが増えていきます。

     また、大鳳、九十九、深雪の純粋な三角関係も新たな進展を迎え、この先が気になる所です。

     新たな登場人物「狂仏」がこの後どのようにこの物語にかかわってくるのか、楽しみです。

  • ある意味進展、かな?
    巫炎は菊地のような思考回路の人間で、獣の本能が強い人間なんだろうと思っていたのに、予想以上に理性的でビックリした。キマイラを飼ってる中で一番のキーマンになりそうな感じだな…。

  • 7巻までの税込価格より高くなった本体価格にがっかり。
    帯にこの巻のオチ書くのはどうなのw

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1951年、小田原生まれ。「上弦の月を喰べる獅子」で第10回日本SF大賞を受賞、「神々の山嶺」で第11回柴田練三郎賞を受賞。平成11年4月朝日新聞に「陰陽師(おんみょうじ)」を連載、陰陽道ブームの火付け役となる。著書に「魔獣狩り」シリーズ、「闇狩り師」シリーズなど。

「2018年 『バロルの晩餐会 ハロウィンと五つの謎々』 で使われていた紹介文から引用しています。」

キマイラ (8) 鳳凰変 (角川文庫)のその他の作品

夢枕獏の作品

ツイートする