密室の王 (角川文庫)

制作 : 羽田 詩津子 
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年5月24日発売)
3.54
  • (1)
  • (8)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :37
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (477ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041014110

作品紹介・あらすじ

壮絶な監禁事件から奇跡的な生還を遂げた22歳のリーヴ。医師のカウンセリングを受けながら、普通の生活をしている。だが、13歳の少女監禁事件が発覚、背後に巧妙な黒幕がいると気づいたリーヴは――。

密室の王 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 少女の監禁事件。
    助かった後がHappily ever afterじゃないことを、どれだけの人が知っているんだろうか。
    きっと、監禁されていた期間の10倍以上の時間が回復に必要だろうし、何よりそれだけ苦しんでも、失った時間を元に戻すことだけはできないのだ。
    本人を筆頭に、家族や友人達にまで。
    なんて残酷な犯罪だろう、と改めて思わせてくれたのが本書である。

    フィクションとしてはこれが作者の初めての作品だそうだが、さすが下知識の豊富さからか、十分に読み応えのある作品となっている。
    警察やFBIの描写など、やや浅く感じられる部分もあったが、いろんな意味で胸に残る一冊だ。

  • なかなかおもしろかった。あらゆる情報を傍受できる人間がいたら…というifに基づいたサスペンスだけど、そろそろそんな世界も現実味のあるものになってきてるよね。ほぼ無敵な犯人をどう追い、どう立ち向かうかが重要な部分だけど、結局は犯人の劣情がきっかけになるあたりはちょっとありきたりかな。報いが与えられない点も消化不良。

  • 2014年10月15日読了。

  • 恐るべき用意周到な知能犯のサディストにして、コンピュータの天才的なスキルを有し、銃器の扱いにも熟練している上、異常性欲の対象が「小児性愛」という歪んだ己の欲望を満たし実現させる為には例えどんな労苦も物ともしない激しい執着心を持つ、という、まさに現代社会が生み出した絶対的邪悪な怪物= “公爵(デューク)” が登場する、米社会の闇を活写する犯罪小説の1つ。
    これがフィクションとしての処女作、というのが信じられないほど、作者の力量が途轍もない。

    かつて誘拐~監禁され何年にも渡って性的に肉体的に陵辱され虐待され続けてなお、奇跡的に救出された少女が主人公となり、重いPTSDに現在も悩まされ続けている中で、公爵の起こした「連続少女誘拐事件」へと立ち向かっていく成長した姿(精神的には、今回の事件を通してようやく成長していくもどかしさも)が希望であり、頼もしい。
    解説によれば、実在の事件の被害者がこの作品の主人公リーヴのモデルであり、そんな彼女へのエールの意味も込められているそうですが、やたら重いテーマをてらいなくエンタメ小説の中に収めて、読みづらくなることも無く一気読みさせるパワーを確実に持っている力作♪でした。

  • 久しぶりに面白い海外翻訳ミステリー。二転三転のストーリー、残酷で狡猾な犯人…久しぶりにドキドキするような作品だった。

    主人公の22歳のリーヴは誘拐監禁事件から生還した過去を持つ。彼女が犯罪被害者専門のカウンセラーから別な誘拐監禁事件の被害者少女の心のケアを頼まれる…正体を見せずに暗躍する犯人…リーヴは真犯人に辿り着く事が出来るのか。

    ジョナサン・ケラーマンとトマス・ハリス、デイヴィッド・マーチンを足したようなミステリーであり、久しぶりに海外翻訳ミステリーの秀作を堪能した。

    カーラ・ノートンの名前に記憶があると思ったら、クリスティン・マクガイアと『完璧な犠牲者』を共同執筆した作家だった。この作品を読めば、それも納得出来る。

  • 2014/6/10このような事が日常で起きていること事態が驚き。

全7件中 1 - 7件を表示

密室の王 (角川文庫)のその他の作品

密室の王 (角川文庫) Kindle版 密室の王 (角川文庫) カーラ・ノートン

カーラ・ノートンの作品

密室の王 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする