判決はCMのあとで ストロベリー・マーキュリー殺人事件 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.54
  • (5)
  • (22)
  • (19)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 209
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041014158

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • いろいろな意味で青柳碧人さんらしい作品.
    全体的なテンポの悪さと,設定や周りのキャラクタが非常に変わっている一方で主人公やヒロインが没個性で魅力がないのがマイナス.これは「朧月市役所妖怪課」と同じ印象で,一気に読み進めるのがツライ.「浜村渚」シリーズはヒロインも変で魅力的なので,それだけでグッと面白くなっているのだけど.
    その一方で設定のぶっ飛び方は他の人には書けないであろう中々のものなので,どちらかといえばTVドラマや舞台などの脚本にして映像化・舞台化すれば今の司法制度への皮肉も込めた社会的な作品となって,そこそこ面白くなりそう.

  • テレビの人気番組になった裁判中継。裁判員経験者からアイドルグループが生まれ、番組を盛り上げる。注目の人気ビジュアル系バンドのメンバー間の殺人事件の裁判員に選ばれた青年の日常の変化、審議、マスコミ、司法、視聴者。

    そもそも刑事事件ってミステリーの人気ネタなわけで、裁判員制度って、如何にそこからエンタメ要素を排除するかで出来ていたのかって思いました。まじめな裁判員たちでした。

  • 浜村渚の計算ノートを書かれた作者さんの作品。裁判の中継がテレビでエンタメ化され、キャラのある裁判員さんは芸能界に入る世界(パラレルワールド)。アイドルグループもCSB法廷8。完全に48グループの流れですよね。いやー、面白い。

  • 裁判がテレビ中継されエンターテインメント化された近未来の日本を描きます。
    そこで生まれた裁判アイドル(裁ドル)CSB法廷8。
    このだじゃれを伝えたいために作者はがんばったような気がします。笑
    中身はねえ、裁判員制度について結構考えさせられるよ。
    20170930

  • (2018-07-27L)(2018-08-16L)

  • 裁判員裁判がテーマになっていたので序盤で読むのを断念

  • 文句なしに面白かったです!法廷ものとしても十分楽しめるのですが、裁判が完全にエンターテイメント化して、テレビ中継されている世界なので、3人の裁判官と6人の裁判員が3ヶ月(1クール)にわたって一つの事件を担当し、法廷からの生中継で高視聴率をかせぎだします。
    テレビ中継に至る経緯にはなるほどと思わせる説得力があり、読んでいて引き込まれました。もしもテレビ中継されることになれば、書かれているような展開になるのかもしれません。よい面もわるい面も含めて、人が人を裁くということを、改めて考えさせられました。

  • こんな時代がきたら嫌だ。

    テレビじゃないと一般市民の考えを変えられない?
    この本自体が、一般市民が法について考えるきっかけになると思う。

  • 裁判が中継される話。

    裁判の内容は忘れてしまった(笑)

    陪審員たちが事件の真相を理解しようとする間に、それぞれの生活もテレビによって変わる話。

    メディアって怖い

  • 文庫版に追加になった、解説を読むのが目的。

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1980年、千葉県生まれ。早稲田大学教育学部卒業。早稲田大学クイズ研究会OB。『浜村渚の計算ノート』で第3回「講談社Birth」小説部門を受賞しデビュー。

「2019年 『浜村渚の計算ノート(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

判決はCMのあとで ストロベリー・マーキュリー殺人事件 (角川文庫)のその他の作品

青柳碧人の作品

判決はCMのあとで ストロベリー・マーキュリー殺人事件 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする