確率捜査官 御子柴岳人 ゲームマスター

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.51
  • (8)
  • (34)
  • (41)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 290
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041014264

作品紹介・あらすじ

論理的な取り調べを行う目的で新設された《特殊取調対策班》。そこで刑事の友紀を待っていたのは、イケメン毒舌数学者御子柴岳人だった! 二人がコンビを組み、大物政治家宅で起きた侵入事件を巡る闇を解き明かす!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • どんどん黒幕に近づく過程が楽しくてあっという間に読めました。
    八雲さん流の解き方もできるってことは、いろんなストーリー展開できそう。
    頭の切れる人は沢山いるんだなぁ。

  • 神永先生の安定のスリル感、ぐいぐい引き込まれながら読みました。
    御子柴先生といい八雲くんといい、神永先生こういうキャラ描くのうまいなぁ。

  • アプリばっかやってて久しぶりに本を読み終えられた笑
    岳人はめちゃくちゃなやつだけど、理詰めで相手を追い詰めていく様はカッコイイし憧れる。
    ただ、論理だけじゃなく、人間には心があって、時に利益にならないとわかっていても、その道筋へ動かずにはいられないということ、人の心は利得では割り切れないということが描かれていて、最後はちょっとウルっとくる感じ。
    論理的にストーリーが進んでいくからこそ、論理を超えた心の部分がより引き立てられるのかな。
    その辺りの話の運びは、さすが神永さんという感じ?
    まだ2作品しか読んでないから詳しくはわからないけど笑
    ちょろっと八雲と絡みがあったけど、八雲と岳人が2人で事件を解決するような話を読んでみたいなー。

  • 前回の方が面白かったかな……。
    御子柴さんは今回も素敵頭脳を発揮させて活躍してて良かったのですが、友紀ちゃんがちょっと鈍いというか若干頭悪すぎるのでは?(警察なんだし…)と気になってしまって、読みながらちょいちょい気になってしまいました。

  • やっぱりゲーム理論はとても興味深い。事件の奥に潜む真相が解き明かされていく様は素晴らしいし、キャラクター同士の掛け合いも面白い。

  • p.145 白いシャツにジーンズというラフな恰好だ。背が高く、整った顔立ちをしているが、髪は寝グセだらけだった。赤眼登場。

    p.157 「だからお前の気持ちに気付いていながら、何も言わなかった」から始まる、水島薫の勘違い思い込みの強さと、p.185 BL展開に期待(笑)!!

  • 大きな権力を持つ国会議員の家に
    泥棒が入った。
    盗まれたのは1通の封筒。中身はメモリスティック

    犯人はあっさり捕まり、これで終了かと思いきや。。。

    これ、シリーズの2作目だったのね。こっちから読んでしまった(笑)
    それでも別に困りはしなかったけれど。

    天才数学者で変人の男、若く熱血な女性刑事。
    人情派のベテラン刑事という、まぁよくあるパターン。
    しかもキャラがどれも中途半端・・・

    犯罪をゲーム理論で解決しようというそもそものところも
    馴染めませんでした

  • 八雲がチョイ役で登場。

  • 御子柴の理論についていけなくて友紀と同じ思考になってしまう。他のシリーズの人物も登場してるので、そちらの作品も読んでみたいと思った。

  • また心霊探偵のほうからゲスト出演がありました。彼は文系のはずなのに。

全37件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1974年山梨県生まれ。2003年に自費出版で『赤い隻眼』(文芸社)を発表し、話題となる。その後、2004年に『赤い隻眼』を改題した『心霊探偵八雲 赤い瞳は知っている』(文芸社)で、本格デビュー。同作から始まる「八雲」シリーズが、若者を中心に圧倒的な支持を集める。他著作に『コンダクター』『確率捜査官御子柴岳人 密室のゲーム』(ともに角川書店)、「天命探偵 真田省吾」シリーズ(新潮社)、『イノセントブルー 記憶の旅人』(集英社)などがある。

神永学の作品

確率捜査官 御子柴岳人 ゲームマスターを本棚に登録しているひと

ツイートする