迷走女刑事 (角川文庫)

著者 : 鳥飼否宇
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年11月22日発売)
2.93
  • (0)
  • (1)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :38
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041014394

迷走女刑事 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 妄想女刑事の続編。
    前回と比べ妄想(暴走)がやや減少するが、忍者の末裔とゲイの部下が加わってハチャメチャ具合はパワーアップしている。

    推理をまとめながらとんでもない結末と最後の大仕掛けもある。そのためにやや無茶なのだが楽しませてもらった。

    ただ前作の方が好みかな?

  • あのヒントで解決できるのも妄想力。

  • なかなか面白かったです。
    鳥飼さんらしくミステリとしていい感じ。

  • 登場人物のキャラクターがどれも好きになれずに読んでいて楽しくない。事件も無駄に長くまとまっていないのが残念。特に誘拐の話は長すぎ。

  • 2014/12/10読了

全5件中 1 - 5件を表示

迷走女刑事 (角川文庫)のその他の作品

鳥飼否宇の作品

迷走女刑事 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする