シフト (下) (角川文庫)

制作 : 雨海 弘美 
  • KADOKAWA/角川書店
3.74
  • (8)
  • (15)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 108
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041014417

作品紹介・あらすじ

2212年、ポーター仲間のキャムがIT部の荷を運んで爆死した。ミッションは失われた世界の記憶をもつ、からすを頼るが、サイロ18の彼らに魔の手が迫っていた。一方、サイロ1で自分を取り戻し「第三シフト」に入ったドナルドは、サイロの外に出た"清掃人"の処遇を任される。瀕死の50のサイロの命運を握るドナルド。暴動を生き延び、サイロ17に取り残された少年ジミー。圧倒的な筆力で滅亡後の地下世界を描く三部作、第二部。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 市立図書館にて。

  • 3 サイロを作る際の計画が少しずつ明らかに。スクリーンを作るのは、人間の少しは外を見せておかないと時には死の恐怖を押しのけて外に出ようとする習性があるかららしい。サーマン、心理学者ヴィクター、科学者アースキンで計画された計画が少しずつ見えてきてなかなか面白い。

  • 核崩壊後の世界、生き残るも苦悩。人類は何のために文明を発展させるのか。設定が面白く単なるSFではない。

  • *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50104870&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 「ウール」の続編にして前日談。
    どのようにしてウールの世界は出来上がったのか、何故サイロの外には住めないのか、サイロを統括するものは誰なのか、秩序の書とは何か、が300年の歴史とともに語られる。そして「シフト」の主人公は300年間通じてまさかの同一人物。サイロ全体の統括者にして、冷凍睡眠と覚醒を繰り返しイレギュラー発生時にはサイロの生殺与奪の権限まで持つ、神のような存在。
    しかしながらこの世界が始まった際は、サイロの設計者にして当選1期目の下院議員。サイロ計画の全貌も知らないままに、いつのまのにか最高責任者になり300年後のジュリエット清掃放棄というイレギュラー事象に対応する事になる。
    中々壮大な話であるが、前作の様な爽快感は無い。SF的な新しいガジェットは何もなく、ストーリーだけで読ませる。コニーウィリスから情緒的なものを除いた感じ?
    いや、凄いストーリーテラーだ。前作に登場した「ソロ」が登場し、遂にジュリエットと遭遇するまでが描かれる。最終作を乞うご期待!という趣だ。
    完結編が楽しみ!

  • 上編に続き、ザワザワ…な展開です。

    トロイ(あえてトロイと呼ぶ)が少しずつ壊れていく…

    ザワザワ…

  • ウールほど一気に読めなかった。読むのつらい。

  • だんだん世界が見えてきたけど、なんだろうこの粛清劇。そうして清浄化する世界ではなさそうだし、完結編に期待。

  • 時間軸が二つ並行して進んでいくので、どうつながるのだろうと思いつつ読んだ。何かこの世界だってこういう展開も起こりうる感じがするので、恐ろしい。
    ジミーの孤独を思うと苦しい。
    さてダストはどうなるのか楽しみです。

  • 緻密に計算されたW・O・O・Lをぶち壊すのが、この時点の人類にとって良いことなのか悪いことなのか

    W・O・O・Lが達成された暁には、世界にはアーミッシュのような村だけという理想郷が実現されるかな、それとも実はサイロ群のまわりだけ汚染されている実験的閉鎖社会で世界は破滅してなかったとか

    進撃の巨人を読んだときみたいに、いろいろと妄想が膨らみます。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1975年生まれ。ヨットの船長を8年間勤めた後、結婚を機に陸に上がって小説執筆を開始。”Molly Fyde”シリーズで好評を博し、本作”Wool”シリーズではオムニバス版がアマゾンのSF小説部門でベストセラー1位を記録する快挙となった。フロリダ在住。

「2017年 『サンド』 で使われていた紹介文から引用しています。」

シフト (下) (角川文庫)のその他の作品

シフト 下 (角川文庫) Kindle版 シフト 下 (角川文庫) ヒュー・ハウイー

ヒュー・ハウイーの作品

シフト (下) (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする