トリガール! (角川文庫)

著者 : 中村航
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年6月20日発売)
3.79
  • (13)
  • (35)
  • (21)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :240
  • レビュー :28
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041014509

トリガール! (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 請求記号 913.6/N 37

  • 地元でまさに鳥人間コンテストをやっていて縁を感じて手に取った本。
    何気なく入ったサークルで、段々と空を飛ぶ事へのめり込んで行く姿が美しい。人との関わりで如何に自分の人生観が変わるかが解った。

    これを読むと多少でも興味あることには一度首を突っ込んでみるものだな、と思える。得るものはあっても失う物など無いのだ。

    少し青春ドラマっぽいところも外してなくて楽しめた。

  • 映画化されると知って読んだ作品。
    大学に入ってもやりたいことが見つけられなかったゆきながたまたま出会った世界は、鳥人間コンテストに全てをかける熱い心を持った人たちが集まる青春の場所でした。
    パイロットとしてトレーニングしていくうちに自分が本当にやりたかったことが見つかって
    打ち込んでいく姿は、とても素敵で輝いていました✨
    最後の鳥人間コンテストの場面は、
    実際に見ているようなリアルさを感じて
    とても好きな場面です。
    仲間がいることがどれだけ大事かを改めて感じることができる作品でした。
    映画も楽しみです(^^)

  • 特に入りたかった訳でもない大学に入り、特に興味あるものもなかった主人公が、ひょんなことから入ることになった人力飛行機の世界に、大学生活の全てをかけて熱中していく姿に羨ましいと感じた。
    全体的にユーモア溢れる小説で読みやすかった。

  • 【前置き】
    あれは、
    5月くらいだったかな?
    訳あって、
    フライデーを買ったんですよ。
    そこでCMされていたのが「トリガール」の映画化でした。
    その時から、
    久しぶりに会いたくなったんですよ。
    「中村航」さんの作品って、
    読みたくなるんじゃなくって「逢いたく」なるんです。


    【時間】
    映画の公開が9月だから近づいたら書こうとか思ったんではなく、
    ただ、
    最近は専門書を読んでたりしてて感想を書いてなかったんですよ。
    そんで、
    家にも実家にも「トリガール」がなくて、
    「中村航」さんのほかの作品を読んでたんですが最初に「トリガール」書きたくて寝かせた。
    つか、
    最初でもないか。
    探しても探してもないから、新しいの買っちゃった!


    【風林火山】
    「鳥山ゆきな」の大学には鳥人間コンテストにでる、
    いわゆる、
    人力飛行機を飛ばすサークルがある。
    だって、
    「鳥山」ですよ!
    ドラゴンボールですよ!
    孫悟空ですよ!
    入るしかないですよ「T.S.L(スカイハイラリアット)」に!
    って、
    流されて入って、
    流されてパイロットになるし、
    「高橋圭パイロット」に連れられて、
    自転車っていうかロードバイクまで買ってるしな。


    かぐりんも鳥人間コンテストテレビで見たことあるけど、
    確かにみんな吼えてたよ。
    運動といっても、
    筋トレちょっとする程度ですが、
    辛くなると心の中では「まだまだ!」って叫びますよね!
    それが、
    声に出るか出ないかで、
    きっと、
    かぐりんだって飛んだら吼えますよ!


    「鳥山ゆきな」と同じくパイロットをやってるのが、
    「高橋圭」と「坂場大志」先輩!
    「高橋圭」とは仲が良いけど、
    初対面で微妙にやらかしちゃったんで「坂場大志」先輩とはあまり仲良くない。
    でもむかし、
    「鳥山ゆきな」がテレビで鳥人間コンテストを見て、
    15mしか飛ばなかった飛行機のパイロットが「坂場大志」先輩だったんですよね。
    そんな先輩が号泣してるのを知ってる「鳥山ゆきな」さん。

    むかし、
    「坂場大志」ことルシファーズハンマーは飛んでいた!
    でも、
    飛べなくなった!
    15mしか飛べなかったことがトラウマになったんでしょうね。
    みんなの思いを乗せた飛行機を15mしか飛ばせなかったんですもの。
    で、
    「エンジェルウイング高橋圭」は言った、
    飛べない豚はただの豚の如し!
    飛んでくれと勧誘したのが「エンジェルウイングの高橋圭」だったんですね。
    熱い男同士の世界です!


    そんな折、
    テスト飛行が行われ、
    「高橋圭」と「坂場大志」は飛ぶんですよ!
    でもね、
    事故っちゃって「高橋圭」はまさかの足を負傷。。。
    で、
    「鳥山ゆきな」が正式にパイロットに!
    もちろん、
    ペアを組むのは「坂場大志」先輩!
    「坂場大志」のよく行く居酒屋「風林火山」でのやりとりは好きよ!


    飛行機ができていく、
    パイロットは飛行機のエンジンとして身体を仕上げていく、
    「高橋圭」が退院してパイロット3人で、
    さらにその精度を上げていく。
    パイロットはいつも、
    自転車こいで鍛えていくだけだから、
    他の、
    プロペラ班や、
    電装班や、
    庶務班なんかとは付き合いがない。
    でも、
    ちょっとづつ付き合っていく「鳥山ゆきな」さん。
    そして、
    マックファイトが行われる。
    それは、
    マックのハンバーガーで乾杯するやつだ!
    そこで、
    さらに「鳥山ゆきな」は他のサークルメンバーと知り合いになっていき、
    みんなの熱い思いを受け入れ、
    身体と心を飛行するために仕上げていく。
    そうして、
    コンテスト当日。


    本番前から現地入りし、
    飛ぶ時間に自分の身体が最高に動けるように仕上げていく。
    飛行機も現地入りし、
    当日。
    高まるテンションを胸に宿しエンジンの2人がコクピットに入る!
    スタートの声がかかり漕ぐ!
    「T.S.L(スカイハイラリアット)」の飛行機「アルバトロス」は飛び立つ!
    テンションが高まり、
    声もでる!
    吼える「坂場大志」の一世一代の告白タイムですよー!
    って、
    読んでてこのシーンになるにつれてかぐりんのテンションもどんどん上がるんですよー!
    笑えるんですよー!
    にやけるんですよー!
    電車の中では読めないですよー!
    テレビに映ってるんですよー「坂場大志」先輩に「鳥山ゆきな」さん!



    ちなみに、
    かぐりんは「ペラ夫」さんのポジションに憧れます!

  • 映画化に伴いスピンオフが出たから再読。
    改めて読んだけどいい話だ。
    琵琶湖に飛ばす、その日のためだけに全てを捧げる人たち。ひとりひとりの名前なんて関係ない、ただなにかに全力で取り組む、っていうそれだけが尊い。最初からやりたいことなんてないし、やり遂げた時に、ああ今までの自分はこの日のためにあったんだ、って思えればいい。
    パイロットに焦点が当たっているけれど、関わった人全員にドラマがある。奥行きを感じられる。
    飛べない先輩はただの豚、飛びたいなら飛べばいいんだ。世の中は意外と単純だ。

  • 「トリガール!」
    公開日:2017年9月1日
    流されながら生きてきた主人公が、ひょんなきっかけから鳥人間コンテストに挑む。全力でぶつかる、若者らの青春劇。
    キャスト:土屋太鳳、間宮祥太朗、高杉真宙、池田エライザ、矢本悠馬、前原滉、佐生雪、ナダル、ひこにゃん
    監督:英勉
    http://torigirl-movie.com/
    Twitter https://twitter.com/torigirl_movie

  • ‹内容紹介より›
    「きっと世界で一番、わたしは飛びたいと願っている」ひょんなことから人力飛行機サークルに入部した大学1年生・ゆきな。エンジョイ&ラブリィな学生生活を送るはずが、いつしかパイロットとして鳥人間コンテストの出場を目指すことに。個性豊かな仲間と過ごす日々には、たった1度のフライトにつながる、かけがえのない青春が詰まっていた。年に1度の大会で、ゆきなが見る景色とはー。恋愛小説の旗手が送る、傑作青春小説。

    ーーー
    2017年9月公開映画の原作。
    主人公は「入学できる最高レベルだから」という理由で工学系の大学に進学した女子。やりたいことも特になく、流されるままに「人力飛行機サークル」に入部します。
    気軽に話ができる先輩に誘われ、パイロット班に。
    「体重」と「出力」を目標値にあげるため、過酷なトレーニングをしていくなかで班員やサークルのメンバーたちの想いを背負っていくゆきな。
    大会で唯一の二人乗り飛行機の2ndパイロットとして、大空で彼女は何を感じるのか。
    「飛ぶ」ということにかける人間の「夢」がつまった作品。

    青春小説としても楽しめますが、「恋愛」の要素はあまり強くないかも…。

  • さくっと読めて面白かった。
    青春っていいなーー。映画もきになる

  • 一浪して工業大学に入学した主人公。理系分野に興味があるわけではなく、建築学科に入学したかったのだが悉く不合格。結果として特に興味も無かった大学に入学し、友人に流されて人力飛行機サークルに入部することになった。重大な事を任されて、徐々に気持ちが移ろいゆく心情、一つの目標に向かってひたすら走り続ける描写は青春そのものだろう。結末は読者に委ねられている。

全28件中 1 - 10件を表示

トリガール! (角川文庫)のその他の作品

トリガール! 単行本 トリガール! 中村航

中村航の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

トリガール! (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする