徳川家が見た幕末の怪 (角川oneテーマ21)

著者 : 徳川宗英
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年6月5日発売)
2.88
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • 本棚登録 :33
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041014646

徳川家が見た幕末の怪 (角川oneテーマ21)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 謎が増えた。

  • 『徳川家が見た』という部分に惹かれて購入。







    が、尊皇倒幕にいたる『徳川家』ならではの見方・解釈という目新しさもなく、『幕末の怪』というほど目新しいものも無い。
    正直期待外れかな。

  • 徳川家の末裔が徳川家の視点から幕末・明治維新の裏側を説いた本。
    勝者が都合のいいように歴史を造る傾向がある中、徳川家の視点から幕末がどのように書かれているのか脅威があったが特に目新しい話はないなと感じた。ただ、明治以降の婚姻関係が非常に複雑なものになっているという事実は興味深かった。

全3件中 1 - 3件を表示

徳川家が見た幕末の怪 (角川oneテーマ21)のその他の作品

徳川宗英の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
柚木 麻子
冲方 丁
東山 彰良
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

徳川家が見た幕末の怪 (角川oneテーマ21)はこんな本です

ツイートする